コカナ村ヒマラヤ青少年育英会ホームページについて。

2007年01月01日

謹賀新年

2007年1月1日(月)

謹んで新春のご祝詞を申し上げます。新年、おめでとうございます。
昨年中は格別のご厚情をいただき、心よりお礼申し上げます。本年もよろしくお願い申し上げます。皆様にとりまして2007年が光輝あふれる年でありますことをお祈り申し上げます。


ヒマラヤ青少年育英会 吉岡 大祐



早朝、2件の往診を済ませた後、昨日ネパールへ到着したばかりの友人を訪ねた。久しぶりの再会だったが、元気そうで何よりだった。

チョコその後、村を訪ねる予定が延期となったため、ヒマラヤ小学校を訪ね、先日、支援者から頂いたチョコレートを子供達に配った。新年早々、子供達には嬉しいプレゼント。チョコレートを贈ってくださった方が子供達にとって馴染み深い方だった事もあり、子供達は余計嬉しかったようだ。支援者の方との時間を懐かしく思ったのか、チョコレートを食べながら踊り出す子も大勢いた。


試験も終わり、本来ならばヒマラヤ小学校は冬休みに入っている頃だが、今週の木曜日に試験の成績発表があることや、その他にも日曜日にゲストの方をお迎えするために、少し後にずらして、来週の月曜日から冬休みに入る予定だ。あまり休みが長いと親が子供を働かせてしまい、学校を辞めてしまう事が多々あるので、今回も冬休みは2週間だけになった。

ダンス特に授業を進める必要もないので、子供達は復習授業を受けたり、ダンスや音楽の勉強をしたり、また校庭でドッジボールをしたりして、楽しく過ごしている。今日はムナ先生によるダンスの授業が行なわれ、子供達6名が新しいダンスの練習に励んでいた。メンバーの中、1人はこれまでダンスとは無縁の子だったので、見ていてとても新鮮だった。子供達がいろんな事に挑戦する姿は本当に気持ちがいい。

慌しいまま迎えた新年だが、ぜひ一つでも多くの夢が実現できるよう、誠実に一生懸命頑張りたいと思う。





hsf at 23:58│
コカナ村ヒマラヤ青少年育英会ホームページについて。