慌しい1週間二学期期末試験はじまる。

2006年12月11日

歓迎会

12月11日(月)

朝から冷たい雨が降る生憎の天気。冬場でも日中は暖かいカトマンズだが、雨が降ると急激に寒くなる。今日のように一日中、雨が降り続くと尚更寒い。こんな時はカトマンズが海抜1350メートルにあるということを、強く思い知らされる。

今日は冷たい雨が降る中、支援者の方々をヒマラヤ小学校へお迎えした。初めの内は寒さに体を震わせていた子供たちだったが、一生懸命、歌や踊りを披露している内に体も温まったようで、最後には大きな笑顔が見られた。ゲストの皆さんにも子供たちの元気な姿を見ていただき、喜んで頂けたように思う。

今日の歓迎会では1年生のディポック君が歓迎の挨拶を行った。予想外の配役に少し驚いたが、ディポック君は初めてとは思えないほど上手に挨拶をすることが出来た。子供たち全員に必ず活躍のチャンスを作るヤッギャ校長の姿勢には、何時もながら感心する。後で知った話だが、今回の挨拶の文面は、これまで歓迎会で挨拶を行っていた2年生のジュンキリちゃん(16)がディポック君を指導して作成したという。こうした子供たちの小さな成長が何よりも嬉しい。
ディポック


夕方からはゲストの皆さんに長年ご支援頂いている村の寺子屋をご訪問いただき、子供たちと楽しい交流の時間となった。途中から停電となり、残念ながら子供たちが練習を重ねてきたダンスを披露することは出来なかったが、子供たちとって思い出深い夕べのひと時になった。



hsf at 02:02│
慌しい1週間二学期期末試験はじまる。