貧困問題養蜂はじまる。

2006年09月04日

スポンサーシップ制度

9月4日(月)

サジャン週末、ヒマラヤ小学校のスポンサーシップ制度へ2件のお申し込みを頂いた。これで20名分の支援が決まったことになる。支援者50名の目標も、もしかすると決して夢ではないかもしれない。

支援者の方には失礼かもしれないが、応援してくださる方が増えるということは、子ども達の成長や学校運営の喜びや苦しみを共有して頂ける『仲間』が増えたようで、僕達にとっては何よりも嬉しいことだ。時には厳しいご指摘を受ける事もあると思うし、逆に暖かい激励を頂く事もあると思う。活動を常に観て頂ける方がいることは、僕達にとって一番の張り合いとなっているのだ。

インターネットを見て支援のお申し込みを頂いた方、他の支援者の紹介で支援を決められた方、切欠は様々だが、少しでも支援者の方のお気持ちに添えるよう、誠実に一生懸命頑張りたいと思う。

早速、支援を受ける児童も決まった。ぜひ金銭的な支援だけの関係ではなく、交流を通してお互いに学べる有意義な活動に発展させたいと願っている。


hsf at 02:05│
貧困問題養蜂はじまる。