壁の建設ヒマラヤ

2005年11月30日

リタの授業

11月30日(水)

早朝から雑用に追われた。ネパールに戻ってから慌しい日が続き、雑用が溜まっている。何とか処理を進めたいと思いながらも、次々と雑用が増えている現状。何とか時間を見つけて頑張りたい。

rita昼からヒマラヤ小学校でリタの帰朝授業が行われた17歳のリタが見た日本、一体、リタが何を子供達に伝えようとしているのか、僕も興味深い。

今日の授業は1年生が対象。リタは優しい言い回しで、『この学校は、なぜ作られたか知っていますか?』『君達が怠けたり、悪いことをしたら、日本の人達はがっかりして、『こんな学校入らないなぁ』と言うかもしれません。でも君達が一生懸命がんばったり、友達と仲良く元気に過ごしていれば、今までのようにヒマラヤ小学校へ来て君達と遊んでくれたり、いろんな事を教えてくれるはずですよ。日本は科学の発達した国ですから、君達の様子は日本から全部、見えますよ。』と子供達に伝えた。リタの話を聞いた子供達は驚いた様子で、教室のあちこちを見回していた。

今日のリタの授業はとても良かったと思う。これからリタがどんな事を子供達に伝えてくれるのか、今から本当に楽しみだ。これからリタには子どもたちの憧れの存在として、自らを高めて欲しいと思う。今日は本当に良い授業だった。


夕方から往診。その後、奨学生宅を訪ねた。貧しい母子家庭の姉妹。カトマンズの冬の寒さが一層、厳しく感じるような隙間だらけの小さな家。暫く日本にいたこともあってか、ネパールの貧しさを改めて感じた。教育をまったく受けていない母親と幼い姉妹。貧困を目の当たりにして胸が痛かった。僕に出来ることは何だろう。もう一度、問い直したい。


hsf at 02:15│

この記事へのコメント

1. Posted by 佐藤 拓也   2005年12月09日 13:38
吉岡先生お久しぶりです。
お元気ですか? 僕は元気ですよ。
奨学生とヒマラヤ小学校の生徒達は元気ですか。
奨学生のみんなが子供達に授業をやってるそうですね。
大変に嬉しく思います。 彼女らによろしく伝えてください。
ネパールにまた行くつもりでいるのでその時はよろしくお願いします。
大野先生から色々なことを聞いています。
今度は 大野先生とではなく一人でネパールに行きたいと思います。
壁の建設ヒマラヤ