あすなろ移転壁の建設

2005年11月26日

第一期生の参加

11月26日(土)

朝、第1回こども環境ケナフ会議を手伝ってくれた奨学生を集め、ささやかな打ち上げ風のお茶会を開催した。会議が上手く開催できたのも、奨学生達が一生懸命手伝ってくれたことが大きい。第一期生として支援を始めた子供達が大きくなり、自発的、積極的に様々な活動に参加してくれることが嬉しい。これから第一期生も少しずつ社会に出て行くことになるが、それぞれの能力が発揮できるよう皆で協力して、彼らを最善の道へと導いていきたいと思う。短い時間ではあったが、楽しいお茶会となった。

昼過ぎからは名画鑑賞会を開催した。今回はリタが日本を訪問した折、米国人の方から推薦を受けた、野坂昭如さん原作のアニメ、『ホタルの墓』を鑑賞した。僕も中学校くらいの時に学校で観た記憶がある。上映の後は子供達から様々な感想が聞けた。少し難しいテーマだったかもしれないが、何かを考える切欠になれば良いと思う。

夕方からブンガマティ村のヤッギャ校長宅で食事会。学校のこと、子供達のこと、村のこと、家族のことなど、熱く語るヤッギャ先生がとても印象的だった。微力ながらヤッギャ校長はじめ、先生方が情熱と能力を思いっきり発揮できる教育環境を作っていきたいと思う。先生方の力が発揮できれば、必ずネパール1、世界1の学校が出来ると信じている。



hsf at 01:00│
あすなろ移転壁の建設