2015年01月

2015年01月11日

ヒマラヤ小学校報告会が盛会のうちに終わりました。

1月11日

resize3293

昨日、「写真集食堂めぐたま」で開催されたヒマラヤ小学校報告会「『ネパールに咲く小さな花』を観る会」には、大勢の人にお集まりいただき、感謝、感激の時間となりました。報告会の詳細が纏まったのは約1週間前の事。東京近辺の皆さんに案内を送ったのが6日でしたから、きっと参加者は少ないだろうと覚悟していましたので40名を超える方にお集まりいただいた事は、嬉しい驚きでした。

番組上映の後には涙を流される方も大勢いました。演出など一切入らず真面目に制作された番組だからこそ、学校を応援してくれる人々の心を打ったのだと思います。スポンサーシップで児童個人を応援している方には、それぞれの奨学生が楽しそうに学校生活を送っている姿を喜んでいただきました。番組によってお互いが一歩近づいたような気がします。「動いている姿を初めて見た!」という素直な感想には心がほっこりしました。

番組上映の後には、参加された皆さんから開校10周年を祝っていただきました。頑張ったのは子ども達なのに、一人だけこんないい思いをしてしまい申し訳ない気持ちです。この借りはしっかり子ども達に返すつもりです。

報告会の後には体調不良で報告会に参加できなかった高齢の支援者を訪ね、家で番組を観ました。子どもたちが手洗いを一生懸命する姿や木に登る様子に、たくさん拍手を贈って貰いました。10周年という節目の年に、素晴らしい番組が出来て本当に良かった、とつくづく思います。また、どこかで上映したいです。

当日の様子がレポートされていますので、ぜひお目通しください。

しばらく更新出来ません。再開は19日頃を予定しています。

hsf at 00:00|Permalink

2015年01月10日

ヒマラヤ小学校報告会

1月10日

はがき

本日、「写真集食堂めぐたま」においてヒマラヤ小学校報告会を開催します。報告会では昨年12月27日に放映されたテレビ愛媛開局45周年特別番組「ネパールに咲く小さな花」を上映します。ぜひ、お運びください。


ヒマラヤ小学校報告会『ネパールに咲く小さな花』を観る会」

■会場:写真集食堂めぐたま
150-0011東京都渋谷区東3−2−7−1F 交通:恵比寿駅 徒歩7分
■会期:2015.1.10 (Sat)
■時間:11:00〜
■食費:3000円(ヒマラヤ小学校カレー粉を使った料理と三年番茶)
要予約 詳しくは写真集食堂めぐたま

hsf at 00:00|Permalink

2015年01月09日

高校放送部のラジオドキュメンタリー

1月9日

resize3288

とある高校の放送部が制作するラジオドキュメンタリーの取材を受けました。初々しい高校1年生のぎこちなくもストレートな質問に、ぎこちなく斜めに答え、あっという間に時間が過ぎて行きました。顧問の先生のお話では、教育の一環として、ドキュメンタリー制作の立案から取材対象者とのコンタクト、編集まで、全て生徒がやっているそうです。社会に出るステップとして、とても良い体験になるのではないでしょうか。

それにしても、こうして高校生が活動に関心を持ってくれたことは何よりも嬉しい事です。果たしてどんなドキュメンタリーに仕上がるのか、高校生の若い力に期待しています。


ヒマラヤ小学校報告会『ネパールに咲く小さな花』を観る会」

■会場:写真集食堂めぐたま
150-0011東京都渋谷区東3−2−7−1F 交通:恵比寿駅 徒歩7分
■会期:2015.1.10 (Sat)
■時間:11:00〜
■食費:3000円(ヒマラヤ小学校カレー粉を使った料理と三年番茶)
要予約 詳しくは写真集食堂めぐたま


resize3273
「ヒマラヤ小学校基金」支援のお願い

ヒマラヤ小学校基金を通して、ヒマラヤ小学校を応援してくださる支援者を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


hsf at 00:00|Permalink

2015年01月08日

子ども達からのご褒美

1月8日

resize3289

年末から長距離移動が続き、正月らしさを一切感じないまま人日の節句が過ぎました。今年も昨年同様、あっという間に1年が終わってしまいそうな予感です。昨年末、初めて同窓会に参加しました。小学校6年生の時の3組と5組、2クラス合同という少し変わった同窓会だったのですが、二十数年の時を経て懐かしい面々と再会し、甘酸っぱく切ない日々に逆戻りした気分でした。

同窓会に参加されたお二人の先生ともに担任として――3,4年と5,6年を――受け持って頂いたのですが、一方の先生には4年生の時、夏休みの読書感想文をみんなの前で褒められた事が忘れられず、今も何かを書く時、会話文を文頭に持ってくる事が多いのは、その時の嬉しい体験に基づいています。その旨を先生にお伝えすると、「ほうか、ほうか」と穏やかな笑顔で頷いて下さいました。先生の”大きさ”を改めて実感した思いです。

もう一方、5、6年生の時の担任の先生には、ご迷惑をお掛けしたばかりの2年間でしたが、いつも気に掛けてくださった事が、今はただただ有難く感謝の気持ちでいっぱいです。少し早い反抗期で、ずいぶん叱られましたが、給食の時、先生が必ず各班を周って一緒に食べられる姿は、今、実際に子ども達と接する時の僕の基本姿勢になっています。叱られた直後、先生の隣で給食を食べた時の気まずさは、今思い出しても胸が締め付けられそうになります。

先生が担任をしてくださったのは、先生が25、6歳の頃。実は自分が先生と同じ年齢になった時、当時、就学支援をしていたリタアシュミタジェニシャ達が丁度、12歳だった事もあって、その当時、先生の事をよく思い出していました。先生の目には自分はこんな風に映っていたのかなぁ、なんて考えていたのです。まさか、その先生と再会できるなんて、なんだか今も夢のようです。もしかしたら子ども達が僕にくれた開校10周年のご褒美だったのかもしれません。



ヒマラヤ小学校報告会『ネパールに咲く小さな花』を観る会」

■会場:写真集食堂めぐたま
150-0011東京都渋谷区東3−2−7−1F 交通:恵比寿駅 徒歩7分
■会期:2015.1.10 (Sat)
■時間:11:00〜
■食費:3000円(ヒマラヤ小学校カレー粉を使った料理と三年番茶)
要予約 詳しくは写真集食堂めぐたま


resize3273
「ヒマラヤ小学校基金」支援のお願い

ヒマラヤ小学校基金を通して、ヒマラヤ小学校を応援してくださる支援者を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


hsf at 00:00|Permalink

2015年01月07日

いざ世界へ

1月7日

resize3217

今年はぜひとも小学校や中学校での講演活動に力を注ぎたいと考えています。若者の海外離れが深刻化する一方の日本。なんとか若者が世界に目を向け、夢を抱けるような話が出来ればと思います。

知らない国を訪ね、言葉も通じない環境に身を置く事は、たくさんの苦労もあると思いますが、国内では得られない大きな学びや気づきがあるはずです。実社会の奥深さを知る事はいつか必ず役立つ日が来ると確信していますし、日本とは違う人間本位の評価基準によって、秘めた能力が開花する事だってあるかもしれません。

そういえば数年前、道徳の授業研究会でこんな話をした事がありましたが、今もその思いは変わりません。若者よ、いざ世界へ!!


ヒマラヤ小学校報告会『ネパールに咲く小さな花』を観る会」

■会場:写真集食堂めぐたま
150-0011東京都渋谷区東3−2−7−1F 交通:恵比寿駅 徒歩7分
■会期:2015.1.10 (Sat)
■時間:11:00〜
■食費:3000円(ヒマラヤ小学校カレー粉を使った料理と三年番茶)
要予約 詳しくは写真集食堂めぐたま


resize3273
「ヒマラヤ小学校基金」支援のお願い

ヒマラヤ小学校基金を通して、ヒマラヤ小学校を応援してくださる支援者を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


hsf at 00:00|Permalink

2015年01月06日

顔は見えるか

1月6日

resize3285

活動の中で最も大切な事はなにか?と訊かれたら、「お互いの顔が見える事」と答えると思う。このブログの中で何度も書いている通り(あれこれや、あとこれこれこれも)、活動を進める上でお金や物は確かに大切だが、決してそれだけで出来るものではなく、お金や物よりもお互いの気持ちが通じ合う事が大切だと確信している。実際、気持ちが通じ合って初めて、お金も物も生きてくるのではないだろうか。

これまで続けて来た様々な交流活動も、絵画展や写真展、かまぼこ板の絵も、講演会も、スポンサーシップの文通も、テレビ番組も、このブログだって、すべてお互いの距離が一歩ずつでも近づき、顔が見える様になるための活動だ。

中でもスポンサーシップでの文通は、お互いの顔が見えるために最も分かり易い方法だが、残念ながらまだまだ問題点も多い。子ども達にはのびのびと成長して欲しいとの思いから、文通は自由を基本とし、好きな時に、好きなだけ手紙が書ける環境を設けている。ただ、気まりがない反面、支援者との交流にはどうしても個人差が出てしまう。過去には――年何回、手紙を出すという具合に――定期性を検討した事もあったが、その結果、管理的な交流となってしまい本来の目的を見失ってしまう恐れがある事から、現在も子ども達の自主性に委ねている。

好きな時に、何度でも手紙を書けるようにしているので、多い時には月に2〜3度手紙を書く子もいるし、逆に1枚も書かない子だっている。支援者から手紙が届くと子ども達の交流意欲が高まる事は確かだが、手紙を貰って喜んでも、なかなかその喜びを手紙にする事が難しい子だっている。もちろん支援者から全く手紙を貰えない子もいるし、そんな中でも健気に手紙を書き続けている子だっている。

学校としても交流が活発に行われるよう様々な対策を講じてはいるが、活動が「生の現実」である以上、これといった確実なマニュアルなんてないのが現実だ。とにかく子ども達の成長を信じて辛抱強く待ち続けながら、今できる事をコツコツと積み上げていく以外に道はないのだと思う。



ヒマラヤ小学校報告会『ネパールに咲く小さな花』を観る会」

■会場:写真集食堂めぐたま
150-0011東京都渋谷区東3−2−7−1F 交通:恵比寿駅 徒歩7分
■会期:2015.1.10 (Sat)
■時間:11:00〜
■食費:3000円(ヒマラヤ小学校カレー粉を使った料理と三年番茶)
要予約 詳しくは写真集食堂めぐたま


resize3273
「ヒマラヤ小学校基金」支援のお願い

ヒマラヤ小学校基金を通して、ヒマラヤ小学校を応援してくださる支援者を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


hsf at 00:00|Permalink

2015年01月05日

自分の顔に責任を持つ

1月5日

resize3284

気が付けば40手前。ことに「男の顔は履歴書」と言われる様に、生き方は年を重ねるにつけ顔にあらわれてくる。信念もないままにダラダラ生きればそれなりの締まりのない顔、自分のことばかり考えて来た人は貧しい顔に、反対に一生懸命努力して功を成しえた人はいい顔になるはず。

「40歳以後は自分の顔に責任を持たなければならない」。
しっかり胆に銘じて、まずは40までの1年ちょっとをしっかり歩んで行けたらと思う。


ヒマラヤ小学校報告会『ネパールに咲く小さな花』を観る会」

■会場:写真集食堂めぐたま
150-0011東京都渋谷区東3−2−7−1F 交通:恵比寿駅 徒歩7分
■会期:2015.1.10 (Sat)
■時間:11:00〜
■食費:3000円(ヒマラヤ小学校カレー粉を使った料理と三年番茶)
要予約 詳しくは写真集食堂めぐたま


resize3273
「ヒマラヤ小学校基金」支援のお願い

ヒマラヤ小学校基金を通して、ヒマラヤ小学校を応援してくださる支援者を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


hsf at 00:00|Permalink

2015年01月04日

与えられるようになって

1月4日

resize3280

今月10日、東京・恵比寿にある「写真集食堂めぐたま」で、ヒマラヤ小学校報告会を開催する事になった(11:00~食費3000円(ヒマラヤ小学校のカレー粉を使った料理と三年番茶付))。報告会では先月27日にテレビ愛媛で放映された「テレビ愛媛開局45周年特番 ネパールに咲く小さな花」を上映予定だ。番組はテレビ愛媛の特番という事で、愛媛の人達とヒマラヤ小学校との関わりが中心に描かれているが、なんといっても観て貰いたいのは、ヒマラヤ小学校の子ども達だけでなく多くの人々が学校との関わりを通して、それぞれの花を咲かせようとしているところだ。

ヒマラヤ小学校の目標でもある”子ども達の自立”を育むためには、支援者と対等な協力関係になる事が大事だ。与えられるばかりでなく、何かを与える事が出来るようになる事。”誰かの役に立てた”という思いが温かい心を生み、無理なく自分を社会の中に位置づけられるようになる。人はそういう状況になって初めて、自分の事は自分でやろう、という思いを強くするのではないだろうか。だからこそ多くの人が学校との関わりを通して花を咲かせている事実は、今後の大きな自信になると思う。



ヒマラヤ小学校報告会『ネパールに咲く小さな花』を観る会」

■会場:写真集食堂めぐたま
150-0011東京都渋谷区東3−2−7−1F 交通:恵比寿駅 徒歩7分
■会期:2015.1.10 (Sat)
■時間:11:00〜
■食費:3000円(ヒマラヤ小学校カレー粉を使った料理と三年番茶)
要予約 詳しくは写真集食堂めぐたま


resize3273
「ヒマラヤ小学校基金」支援のお願い

ヒマラヤ小学校基金を通して、ヒマラヤ小学校を応援してくださる支援者を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。


hsf at 00:00|Permalink

2015年01月03日

君の若さを・・・・

1月3日

resize3281

数年前、経営者の集まりで講演をした時、講演後の歓談の席で老舗旅館を経営する年配の方から「君の若さを6億円で買いたい」と言われた事があった。その時は単なる冗談としか受け止めていなかったが、今も時々、その言葉を思い出し考えさせられる事がある。

「失った金は時間を掛ければ取り戻すことが出来るが、失った時間はいくらお金を積んでも取り返しは出来ない」という話を聞いたことがある。実際、その通りだと思うが、普段の生活の中では時間の大切さなんて忘れてしまいがちだ。考えてみれば、大人も子どもも、誰にも一日は等しく24時間ある。自分に与えられた限りある人生は、きっと「時」への挑戦なのかもしれない。そう思うと、やはり一日一日を大切に生きて行かなければと思う。



resize3273
「ヒマラヤ小学校基金」支援のお願い

ヒマラヤ小学校基金を通して、ヒマラヤ小学校を応援してくださる支援者を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。





はがき
ヒマラヤ小学校報告会

「ネパールに咲く小さな花」を観る会

2015.1.10 11:00〜
東京・恵比寿 「写真集食堂めぐたま」 詳細はこちらから


hsf at 00:00|Permalink

2015年01月02日

新年の抱負

1月2日

resize3274

今年も昨年、一昨年に続き、「向上」よりも「前進」、「否定」よりも「肯定」、「怒る」よりも「笑う」、そんな1年にしたい!


hsf at 00:00|Permalink

2015年01月01日

謹賀新年

1月1日
1、猿神ハヌマン

新年、おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年のブログは羊の写真がなかったので、ハヌマーン神(猿神)の写真でスタートです!!

                                                 2015年元旦 吉岡大祐


hsf at 00:00|Permalink