2014年08月11日

2014年08月11日

開校当時の写真

8月11日

resize2848

先月、開校10周年を記念して行った講演会。当初は10年間を画像をたっぷり使ってヒマラヤ小学校開校からの歩みを振り返りつつ、女子教育の必要性についてお話しできればと考えていましたが、既報の通りサダナさんの講演があまりにも素晴らしかったので、学校の概要を簡単に説明するだけにしました。各地の講演会ではサダナさんに関心を持って集まってくれた――学校の事をあまり知らない――人も多く、結果的に簡単な説明だけにして正解でした。

そんな訳で、結局、時間をかけて集めた10年を振り返るための写真は殆ど使わなかったのですが、一枚いちまいの写真を見返していると、これまで本当に大勢の人に応援してもらい学校が整備されていったのだと、改めて感謝の気持ちがこみ上げて来ました。開校当時、平屋だった校舎は2階建、3階建となり、筵はベンチに変わり、校庭には遊具や井戸、花壇が出来、といった具合に、その時々で大勢の人が救いの手を差しのべてくれたおかげで今の素晴らしい環境があるのです。この歴史を絶えることなく新世代に伝えていく事が、これからとても重要だと思います。

上の写真は開校したばかりの頃の幼稚園クラスの授業の様子です。一つしかなかったベンチは先着順。そのベンチに座っているのはニロージュ(右)スロージュ(左)兄弟。2人ともとても活発で、ずいぶん助けてくれました。今では僕の背丈を超え、立派な青年に成長しているのですから、10年という月日は確実に社会や人を変えていくのです。思えばネパール社会もこの10年で本当に大きく変わりました・・・・・。


お知らせ

暫くの間、ブログの更新が不定期となります。またメイルの返信が大幅に遅れる場合があります。ご了承ください。完全な再開は9月頃を予定しています。







hsf at 00:00|Permalink