2014年02月14日

2014年02月14日

野村小の子ども達の気持ちは伝わった!!

2月14日

resize2348

野村小学校の子ども達からプレゼントして貰った「かまぼこ板の絵」の感想文をヒマラヤ小学校の子ども達に紹介した。実は前々日、翻訳文を貼らずに子ども達に絵だけを見せたところ、やはり「ドラえもん」の絵が描かれている事で子ども達の食い付きがとても良く、狙い通り、絵と一緒に書いてある日本語を見た子ども達から「なんて書いてあるの?」という質問が相次いだ。

resize2351

翻訳文を貼りつけ、まずは4年生の教室に展示してみたところ、昼休みにはたくさんの子ども達が集まって、一枚ずつ嬉しそうに翻訳文を読んでいた。今回は先生による説明なし。絵と翻訳文だけで気持ちを伝えるという新たな試みだったが、実際には翻訳文なんて――ないよりはある方が良いが――単なる飾りに過ぎず、結局、野村小学校の子ども達が自分たちのために作ってくれた、という事実とその思いがヒマラヤ小学校の子ども達の心に響いたようだ。当たり前と言えば当たり前。気持ちは言葉を超えるのだ。

なにはともあれ、素晴らしい感想文を作ってくれた野村小学校のみんな、本当にありがとう!!



hsf at 00:00|Permalink