2012年04月16日

2012年04月16日

変化のとき

4月16日

修学旅行(4月12日〜13日)から全員、無事に戻りました。全員がダルチョーキー登頂を果たし、たいへん思い出深い時間を過ごす事が出来ました。写真の準備が出来ましたら改めてご報告いたします。

ヒマラヤ小学校の2011年度の活動が、11日の成績発表をもって全て終了した。今回は本人の希望で留年となった児童(一人)を除き、全員進級することが出来た。実際のところ例年通りの評価基準なら留年となる児童も何人かいたのだが、先生たちと何度も話し合った結果、進級を認めることになった。何はともあれ、全員進級できて本当によかった。

僕自身は進級のための試験は全て廃止にすべきだと考えている。ネパール国内でも初等教育(5年生)での進級試験を廃止する動きがあり、既にいくつかの私立学校では試験を廃止にしているところもある。ただ今回の全員進級にあたっては、先生たちの意見が完全に一致したわけではなく、少なからず反対意見も出た。これまで試験を受けて進級することが常識で、先生たちもそうした社会の常識の中で育って来たのだから困惑するのも当然だと思う。今回は一度、様子を見る、ということで全員を進級させる事になった。この件に関しては、日を改めて纏めてみようと思う。

resize4517


変化といえば、ヤッギャ校長が職業訓練に注力するため学校長を退任する事になり、新学期からモンゴル先生が学校長を務めることになった。運営委員会の正式な了承を受けるのは来週になると思うが、スムーズな引継ぎが出来るよう今年に入ってから複数の職務をモンゴル先生に委任してきたので、特に大きな問題はないと考えている。ヤッギャ校長には引き続き学校運営委員会の理事として学校運営に関わって貰う他、将来的には事務局長などの適当な役職に就いて学校をサポートしてもらう予定だ。(ヤッギャ校長の退任については運営委員会の正式な承諾を受けた後、HPで報告いたします。)

実はヤッギャ校長から退任の相談を受けたのは1年ほど前のこと。ヒマラヤ小学校を卒業した子ども達の中に目的を失い何もしていない者がいる事や、貧困により学校を辞めていく児童が一向に減らない状況が憂慮に絶えないと、卒業生や保護者がきちんと生活できる環境を作ることに全力を挙げたいとの事だった。特に2009年の日本訪問時に支援者の皆さんと約束した、「子ども達の自立と学校の自立」が必ずしも実現の方向に進んでいない事に、学校長としてやり切れなさを感じているようだった。

ヤッギャ校長の律儀な性格を考えれば、止むを得ない決断だと思う。僕としてはヤッギャ校長の決断を尊重し、とにかくヤッギャ校長が動きやすい環境を作り、今後も一緒に学校づくりに取り組んでいきたいと考えている。変化に不安はつき物だが、まずは新体制で迎える新学期をしっかり軌道に乗せたい。


お知らせ

江戸時代の精進料理を味わう会」@中野長者の寺「成願寺

成願寺は700年前創建の古刹、九州蓮池鍋島藩の墓所があります。およそ170年前の弘化二年(1845年、江戸時代)、鍋島藩先代夫人の法事が営まれ、その時の供養膳の献立が伝わっています。今回、その供養膳を「めぐり」が再現します。

日時 4月18日(水)16:30集合
会費 5000円
場所 成願寺 東京都中野区本町2 - 26 - 6 中野坂上下車渋谷方面へ250m。
お申し込みはメールmegurisan@gray.plala.or.jpにお願いいたします。
定員になりしだい〆切り。

次第 本尊釈迦如来参拝―鍋島藩墓所参詣―会席(料理説明)17時より
主催 成願寺 小林貢人
企画 シュアティ 萩野昭子 
調理監修 めぐり おかど めぐみこ 
料理 キッチンユニット・めぐりーず











hsf at 10:54|Permalink