ホームページ更新保健衛生

2005年04月11日

歯科検診

今日は歯科医師の先生にヒマラヤ小学校へお越しいただき、歯科検診が行われた。どの子供達も虫歯は少ないものの、歯石や歯周病が多いとのことだった。歯磨き指導も行われ、子供達は手鏡を見ながら一生懸命に歯を磨いていた。今後とも子供達の保健衛生の向上に努めていきたい。

その後、先生と共に同じブンガマティ村にある障害児施設を訪ね、障害児への歯科検診を行った。久しぶりに施設を訪ねたが、周囲の人々の暖かい支えにより、どの子も大きく成長していてとても嬉しかった。

ネパールでは社会福祉整備の遅れから、障害児を取り巻く環境は厳しい。こうして民間団体が一生懸命、障害児を支えていることはとても有意義なことだと思う。

施設の中に最近入所した子がいたが、所謂、反政府ゲリラの仕掛けた爆弾により、大やけどを負い失明した子だった。目を覆いたくなるような現状に胸が痛くなった。

社会のどのような問題も影響を受けるのは、常に弱い立場の子供達だと思う。施設での生活を通して子供達が逞しく育つことを願っている。





hsf at 23:59│
ホームページ更新保健衛生