重要なお知らせ

吉岡大祐のヒマラヤ活動日記 へご訪問いただきありがとうございます。 奨学生ならびに学校宛の手紙は普通郵便に限ります。受け取り手続きが必要なEMS(国際スピード郵便)や国際書留郵便、その他、DHL,OCS,FEDEXなど国際宅急便の利用はお断りしております。また物資による支援は自立を目指す学校の教育方針および関税等の問題から全てお断りしてます。どうかあしからずご了承ください。 今後ともよろしくお願いいたします。

当ブログはしばらくの間、不定期となります。 この間、メイルへの返信等、大幅に遅れる場合があります。ご了承下さい。お問い合わせ先:info@ikueikai.org

2023年12月05日

子どもたちあっての

resize0102

今年は所要のため過去の活動をふりかえる機会がたくさんありましたが、これまでと少し違う視点で活動を振り返ったこともあり、さまざまな気づきを得ました。

結論から言うと、一番がんばったのは子どもたちで、子どもたちのがんばりがあっての学校だということです。子どもたちの一挙手一投足、けなげな優しさが多くの人の心を動かしたのだと思います。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。


ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年12月04日

心もとない

resize0103

昨日も児童労働に関する話をしました。

悲惨な現実を伝えることは大事なことですが、児童労働は問題が複雑多岐にわたるため出口が見えず、話すたびに自分が心もとなくなります。

こんなことの繰り返しだと分かっているつもりですが……。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。


ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年12月03日

このままではいけない

resize0093

幼い子が小さな弟や妹を世話しながら独楽鼠みのように働く姿を見るたびに、自分はどれほど安逸を貪って生きてきたのだろうと自責の念に駆られました。

「このままではいけないーー」
そんな気持ちにさせてくれたのは、常に子どもたちでした。子どもたちに与えられたことの多さを改めて自分実感する今日この頃です。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。


ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年12月02日

児童労働

resize0089

11月は企業や団体での話がつづきました。主催者の希望もあったので児童労働に関する話をしてみたところ、思ったよりも大きな反響があり驚きました。思えば日本国内で児童労働を目にする機会はありませんから、聞く人にとっては衝撃だったのかもしれません。

以前はひどい現実を話すことをためらい、意識的に矮小化していたこともありましたが、きちんと知ってもらうためには、きちんと伝えることが大事だと気づいてから、ほぼ自分が見たままの現実を話すようにしています。

児童労働の問題を解決するためには、長い時間と包括的な取り組みが不可欠です。多くの人に現実を知ってもらうことは、その大切な第一歩だと改めて思います。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。


ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年12月01日

助けてもらってばかり

resize0099

自分自身にとって今年(実際にはここ数年で)最大の挑戦をなんとか完遂することができ、少し人心地がつきました。他にも大事な仕事が残っていますので、まだ気は抜けませんがちょっと一息入れたところです。

今回の挑戦もひとえに人との縁でした。途中、何度も行き詰まりましたが、岐路に立った時、周りに次の扉を開けてくれる「人」がいたことは、本当に幸運でした。本当に助けてもらってばかりの人生です。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。


ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年11月10日

顔が見える

IMG_20231108_113021_copy_640x480

一昨日のオンライン交流会の前に、小城高校の皆さんが作ってくれたビデオ(学校や佐賀の自然、祭りなどを映したもの)をクラス毎に上映しました。子どもたちは知らない世界にすっかり夢中になったようです。

その後、オンライン交流会が開かれましたが、終了間際にヤッギャ校長から「ひとこと言わせてください」と申し出があり、小城高校の皆さんに対し交流の機会を持てたこと、ビデオを作って子どもたちの世界を広げてくれたこと、学校を応援してくれることへの感謝の気持をしんみりと語りました。

予定していなかったことでしたが、小城高校の皆さんの顔が見えたことで気持ちが高ぶったのだと思います。遠い日本から学校を支えてくれる人がいる……。この事実が前に進む力になります。だからこそ顔が見える支援が大事なんだと思います。誰が、どんな思いで支えてくれているのか、その部分を丁寧に伝えていくことの重要性を改めて感じました。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。


ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年11月09日

これから

resize0492
オンラインのプログラムについてはこれまで何度か提案を受けたことがありましたが、すべて辞退してきました。

ネット環境や機材の問題、訳す作業が必要なのでスムーズな会話が成り立たない(現場にいれば問題ありませんが)というのが主な理由ですが、実は10年くらい前にNHK BS1の番組に出演してオンライン(当寺はスカイプでした)で職業訓練所と東京のスタジオを繋いでライブ放送を行ったとき、とにかく事前準備が大変だったことが頭の中にべったりとこびりついているため、現場に負担をかけたくないという思いもあってなかなか実施に踏み切れませんでした。でも、実際にやってみると案外うまくいきました。

もちろん現場の状況を考えると、そう頻繁にできるわけではありませんが、可能性としてスポンサーシップの支援者と奨学生の交流もできるのではないかと思います。画面を通して手を振り合ったり、「ナマステ」と言い合うだけでも意味があるはずです。以前、テレビ番組上映会で「(奨学生が)動いてる姿をはじめてみた」と喜んでくれた支援者の声をふと思い出しました。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。


ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年11月08日

ささやかな意思の疎通

resize0081

かねてより準備を進めてきた佐賀県立小城高校の皆さんとのオンライン交流会を実施しました。

予行練習で判明したテクニカルな問題に加え、(自分自身も直前まで別の仕事があったので)交流会に間に合うのか、なによりこれまでのオンラインは一度も時間どおりに始まったためしがないため、ネパール側が予定時間にきちんとZoomに入ってくるのか云々、心配事が山ほどあるなかでの交流会でしたが、結果は(テクニカルな問題をのぞけば)すごく有意義なものとなりました

子どもたちが歌と踊り、ピアニカの演奏を披露し、小城高校の皆さんは折り紙を教えてくれました。おたがいに与え、与えられる、本当に素晴らしい交流会でした。

01521581_copy_640x458

交流会を通して空間を超え、言葉の壁を超え、お互いが一歩もニ歩も近づいたことをつよく実感しました。深い理解ではなく、本当にささやかな意思の疎通がお互いの距離を縮めるのだと分かったことが何よりも大きな収穫です。

小城高校の皆さん、本当にありがとうございました!


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。


ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年11月07日

予行練習

IMG_20231107_164853314_copy_640x480_1

明日のオンライン交流会を前に予行練習を行いました。今回の交流会の趣旨は交流を続けている小城高校の皆さんに子どもたちのダンスを見てもらい、出来れば絶賛していただこうというものです。2022年の打ち合わせのときに当時の1年生から提案を受けたことがはじまりでした。

国際協力は決してお金やモノだけで成り立つものではありません。相手を認めたり、励ましたり、痛みや苦しみを共感することこそ最も大切な点です。子どもたちにとっても自分の踊りが誰かを幸せな気持ちにした、という事実は大きな自信につながるはずです。受けるだけでなく、与える側になることはとても大切なステップです。

肝心の予行練習……子どもたちの踊りや歌は満点でした。練習にも力が入っていました。ただ通信環境やカメラ、音楽などテクニカルな問題に加え、はたして時間どおりに始まるのかなど、問題点がいくつかありました。どれも単純な問題なので、現場にいればなんとかするのですが、ここは現場に任せることが大事ですので歯がゆい気持ちを抑えつつ、すべて「なりゆき」に任せることにしました。とにかく一番大事なことは子どもたちのダンスを観てもらうこと。これを肝に銘じつつ明日の本番に挑むつもりです。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年11月06日

西部地震

resize0082

ネパール西部を震源とするマグニチュード6.4の地震が起こりました。128人の死亡も確認されているようです。

支援者や友人知人から問い合せがたくさんありましたが、(震源地から遠いこともあり)学校や子どもたちは無事ということ以外はまったく分からないのが実情です。ネパールの友人に問い合せてみましたが、逆に被害状況について訊かれたくらいです。おそらく現地でも、正確な被害状況など分からない事のほうが多いのだと思います。

震源地のジャジャルコットは単身の医療キャンプで何度も訪れたところです。知人も大勢いますので、今はただ被害が最小限に収まることを祈るばかりです。状況がわかり出来ることがあれば、なにかしら動けたらと考えています。





■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年11月05日

本当の予行練習

resize0085

しばらくの間、あれやこれやと雑務に追われ八方塞がりの状態がつづいていました。気がつけばダサインも終り、秋が深まる11月……。

今月予定している佐賀県立小城高校の皆さんとのオンライン交流会の最終確認をしようと思い、ヤッギャ校長とオンラインで話をしたところ、「一度、予行練習をしましょう」とのこと。先月のプログラムは予行練習だと微塵も考えてなかったようです。ただ、こうして予行練習を提案するところは流石だなと思います。通常ならぶっつけ本場、すべて「なりゆき」です。

今度こそ本当の予行練習になることを祈りつつ、一足先に子どもたちの歌や踊りを楽しむつもりです。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年10月20日

ODA

resize0088

昨日、中小企業経営者グループの例会で国際協力とその課題について話をしました。ちょうどフィジーの学校建設のために無償提供されたODA(政府開発援助)の3事業が未完成のままになっているという問題がニュースになったばかりでしたので、国際協力の課題について話すのには、とてもタイムリーでした。


 日本国内の物価高騰や増税などもあって、ODAに対する風当たりは厳しくなっているように感じます。ODAにはさまざなな課題もありますが。目には見えないところで大きな成果もたくさんあるように思います。とにく途上国との信頼関係の構築に果たした役割は大きく、僕自身、ネパールで活動を始める際、現地の人たちに受け入れてもらえたのは、ODAによるところが大きいように思います(もちろんODA以外にも日本製品対する評価やNGOや個人など先人の地道な努力も信頼に繋がっています)。

ノブリス・オブリージュとか国益のためとか、ODAをが必要な理由はあれこれありますが、何より、かつて日本も先進国から援助を受けていたことという事実fだけは、決して忘れてはいけないと思います。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年10月19日

本当の課題

resize0072

普段、ヤッギャ校長にはあれこれ頼み事ばかりしているので、せめて休暇中はゆっくり休んでもらおうと思い、連絡は控えるつもりでいたのですが、気がついたら問い合わせの電話をかけていました。習慣というのは恐ろしいものです。

野暮用を快く引き受けてくれたヤッギャ校長に感謝しつつ、頼ってばかりではいけない、と自分に言い聞かせるのですが、やはりヤッギャ校長にがいなくては成り立たない現実です。本当の課題はここに尽きるのかも知れません。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年10月18日

幸運

resize0077
所用のため古い写真を探しています。写真はフィルムカメラで撮ったものを含めると膨大な量です。現場で過ごした18年という年月の長さを改めて感じます。

写真を見ていると、これまで本当に多くの人たちとの出会いがあったことを再確認します。もしこの活動をしていなかったら、そして学校が出来ていなかったら、おそらく出会うことはなかった人たちばかりです。こんなときです。活動をやっていて本当によかった、と思うのは。

皆さんと出会えた幸運と喜び、幸せを噛み締めつつ、写真探しに集中します。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年10月17日

何やってんだろう

resize0087

ヒマラヤ小学校を開校する前、母子家庭の女子を対象にした就学支援を行っていました。その元奨学生からダサインのお祝いメッセージとともに、7歳になった子どもの可愛らしい写真が届きました。

折々に写真を送ってもらいますが、毎回、元奨学生の子どもの成長がよく分かり、幸せな気分になります。月日が経つのは本当に早いものです。

小さな子どもの成長を見ていると、まったく進歩していない自分の姿に気付かされ、ため息がこぼれます。何やってんだろう???が口癖になりつつある今日この頃です。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年10月16日

ダサイン スルバヨ

resize0371

学校は昨日15日からダサインの長期休暇に入りました。昨日(アスワン月の第6日)はダサイン初日、「ガタスタパナ」です。家の聖所に苗床をつくり、大麦種を撒く日です(発芽した大麦は10日目の「ビジャヤダサミ」の日に引き抜いて、髪飾りや献花として使います)。

毎年のことですが、ダサインを無事迎えられるかどうかが、学校にとっての正念場です。特に今年は円安とインフレによる物価高騰が重なり不安に押しつぶされそうな状態がつづきましたが、首の皮一枚でダサインを迎えることが出来ました。いつもながら支えてくれる支援者の皆さんはじめ、現場で地道な努力をつづけるヤッギャ校長はじめ先生たちに感謝の気持ちでいっぱいです。

子どもたちはそれぞれの故郷に帰ることと思います。「ダサイン スルバヨー(ダサインが始まったよー)」と喜びを爆発させる子どもたちが目に浮かびます。どうか穏やかで幸せなダサインの日々を過ごして欲しい、そう心から願っています。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年10月15日

卒業生に感謝

IMG_20231013_153142353_HDR_copy_640x480

既報のとおりヒマラヤ小学校のダサインプログラムにオンラインで参加しました。実はプログラムの途中、学校側の問題でZoomの接続が切れてしまいました。

30分くらい経過したので、もう駄目かなと思っていたら突然、ヒマラヤ小学校から参加の報せが……。胸を撫で下ろしヤッギャ校長にお礼を言おうとしたときです。パソコンの画面上にな現れたのは、なんと卒業生でした。

先生たちでは対処できないので、村にいる卒業生に来てもらって接続を手伝ってもらったそうです。母校のために汗をかいてくれた卒業生、本当に頼もしいかぎりです。ダンネバード‼

切断中、ずっと待っていてくれた子どもたちにも感謝です。こんなときプログラムを進めないのは、ネパールのスゴイところだと改めて思います。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年10月14日

ヒマラヤ小学校の「ダサインプログラム」にオンラインで参加

IMG_20231013_150822655_HDR~2_copy_640x480

ヤッギャ校長からダサイン大祭のプログラムへの招待を受け、オンラインで参加しました。ちょうど佐賀県の小城高校の皆さんにオンラインで子どもたちの踊りを見てもらう企画も進行中ですので、その練習も兼ねてのことです。

現地時間の11時半にスタートの予定でしたので、5分前にZoomに入ったのですが、予想した通りヒマラヤ小学校から参加の気配がありません。電話をかけてみると、絶賛準備中とのこと。結局、Zoomにつながったのが30分遅れの12時過ぎ。学校側はスマートフォンでの接続だったのですが、準備の最中ということでなにやら打ち合わせしているようで、ネパールの人たち独特のジェスチャー多様のせいで画面が上下左右に休みなく動きまくるというスゴイ状況でした。

IMG_20231013_162115723_HDR_copy_640x480

しばらくして、ようやくカメラが固定されプログラムが始まったのですが、次はカメラの前に座った先生の後頭部でまったく見えなかったり、子どもたちの踊りに合わせて踊りだした先生の手でカメラが倒れたり、踊りの途中で別の曲が流れて何度も中断があったり(その都度、最初からやり直し‼)と、日本では考えられない波乱曲折のプログラム。いつもこんな感じだったなぁ、と懐かしさが込み上げて来ました。

それでも子どもたちや先生をはじめ、会場にいた皆が心底楽しそうにプログラムに参加しているのが画面越しでもよく伝わって来ました。まさにネパール人の本領を発揮した素晴らしいひとときでした。

来月の小城高校の皆さんのダンス鑑賞会。こんな感じでかなり波乱含みですが、それも含めて楽しんでもらうしかないと腹を括れたことが、プログラムに参加した一番の収納だったかもしれません。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。





hsf at 00:00|Permalink

2023年10月13日

揺れる気持ち

resize0758

ヒマラヤ小学校のスポンサーシップは原則として奨学生の卒業をもって支援は終了となるのですが、中には卒業後もスポンサーから就学支援を受け上級学校で学んでいる子がいます。

先日、そのうちのひとりが12年生の卒業試験に合格したとの嬉しい報せが届きました。現在、オーストラリアでの就業を目指して準備をしているとのことでした。届いた手紙にはスポンサーへの感謝の念ともに、今後の進路に関する力強い決意が書かれていました。一番のお気に入りという写真も同封されていましたが、サングラスをかけバッチリ決めた様子が写っていました。在校時のことをあれこれ思い出し、深い感慨を覚えました。

子どもたちの卒業後の就学支援については必要性を感じつつも、支援をどこかで終わらせなければいけないとの思いや、学校以外のことに手を拡げることで運営に支障をきたしてはいけないとの考えがあり、これまで積極的に行って来ませんでした。でも、こうして与えられたチャンスを精いっぱい生かして頑張る卒業生を見ると正直、気持ちは揺れます。

何はともあれ、卒業生の今後の活躍に心からの弥栄をおくります。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。





hsf at 00:00|Permalink

2023年09月28日

90の手習い

07-1 (77)~2_copy_480x640

インドのサリマ・カーンさんという92歳の女性が小学校へ通学して読み書き習得したというニュースが目に止まりました。小学3年生のときアメリカで高齢女性が大学に入学したというニュースを聞いて、子どもながらに驚いたことを思い出しました。カーンさんのようにやる気さえあれば、いつだって学ぶことはできる。本当にits never to late to learnです。

記事によるとカーンさんに刺激を受け、村の女性たち25人が識字教室へ通うようになったとのこと。この動きがつづき、広がっていって欲しいと心から思います。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。






hsf at 00:00|Permalink

2023年09月27日

ただ踊りを見て絶賛する

resize0274

交流をつづけている佐賀県立小城高校の皆さんに子どもたちのダンスを鑑賞してもらい、さらに絶賛してもらう企画を進めています。録画ではなくオンラインを使ってライブで鑑賞会が実現すれば互いの距離は一気に縮まるのではないでしょうか。

オンラインでの交流はこれまでも何度か提案を受けましたが、通訳を介する必要もありハードルの高さを感じていました。それが今回にようにダンスを見る、見てもらうというシンプルな交流ならば言葉の壁もなく、すーっとお互いの心が通うようになるのではと期待しています。ただ踊りを見て絶賛する、このシンプルな活動にこそ支援の大事な要素が凝縮されているような気がします。

時間や環境などクリアすべきことは多々ありますが、一番の課題は子どもたちの踊りを時間内で止められるか、です。何はともあれ、ぜひ実現させたいです。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。






hsf at 00:00|Permalink

2023年09月26日

中学生の感想文

IMG_20230929_132235836~2_copy_768x1020

先日、岐阜県内の中学生がTBSの「夢の扉」を観て書いた感想文を読む機会がありました。しっかりとした文面からは、知らない世界を知った素直な驚きや憐憫の情、なにかしたいという優しい気持ちがひしひしと伝わってきました。どれも素晴らしい感想文でした。

番組が放映されたのは2007年ですから、約17年前になります。ちょうど30歳になる直前の放映でした。自分のこともよくわからないまま、あれよあれよと始まった撮影でしたが、17年近く経った今もこうして若い人たちに何らかのメッセージを伝えられていることは、本当に嬉しいことです。

感想文を書いてくれた皆さん、ありがとうございました。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。






hsf at 00:00|Permalink

2023年09月25日

心のよりどころ

resize0652

講演会の合間に、僕と学校の心のよりどころである「写真集食堂めぐたま」を訪ねました。気がつけばずいぶん久しぶりでした。

耳の不調がつづき(尾骨のヒビは痛みがとれ良くなりました)、なんとなく気分が晴れない毎日が続いていましたが、めぐたまの皆さんとお会いすると気持ちが一気に前を向きます。創立20周年にやりたいこともなんとなくまとまり、あとはどう実行に移すかです。

滞在中は来店した旧知の皆さんともお話が弾み、たっぷり心の洗濯ができました。子どもたちにとって学校が、僕にとってのめぐたまのような心のよりどころにならなければと思いを新たにします。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。






hsf at 00:00|Permalink

2023年09月24日

教育が果たす役割

resize0170

正確には覚えていませんが、現地にいた頃に読んだ本の中で、「『もしかしたら』と予測をする能力は教育によって開発されるもので、トラックが泥にはまったり、横転することが当たり前の国ほど予測ができず、同じ事故が繰り返され、起きた時の準備もできていない」といった内容が書かれていました。

ちょうど南ネパールからの帰り道のナガルドゥンガ峠で、バスやトラックが何台も横転や転落をしていましたので妙に納得したことを覚えています。予算がなくて改良工事をしないのだと思っていましたが、もしかすると改良の必要性を感じていないのかもしれないと……。

もちろんネパールの人々の「なんとかなる」とか「ケーガルネ」といった慌てない国民性も影響しているとは思いますが、教育が果たす役割の大きさに気付かされました。

ちなみにナガルドゥンガ峠には今、日本のODAによってネパール初のトンネルが建設されています。急勾配、急カーブが減り、事故がかなり減るかもしれません。開通が待ち遠しいかぎりです。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。





hsf at 00:00|Permalink

2023年09月23日

根本は同じ


resize0033

遅まきながら森達也監督の新作映画を鑑賞しました。「A」を観て衝撃を受けて以来、「A2」、「Fake」、「I 新聞記者」とドキュメンタリー作品を全て見てきました。今回の「福田村事件」は劇映画ということでどんな感じになるのか制作発表のときから気になっていましたが、いつも通りの要諦を穿つ内容に大いに考えさせられました。

事件については森監督の著書の中で知りましたが、ネパールの被差別カーストに対する魔女狩りと根本は同じだと感じます。人は不安に陥ると誰かを悪者にすることで集団の結束を図り、不安を払拭しようとするのだと思います。

映画では加害者側である村人に焦点を当てていました。普段は善良な村人である彼らが流言やその場の空気に流されあっという間に豹変する恐ろしさ……。同時に行き過ぎた正義感を持つ若者が暴走する姿を捉えていたのも印象的でした。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから

resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。






hsf at 00:00|Permalink

2023年09月22日

決めつけない

resize0452

子どもたちと接する中で大事にしなければならないことは沢山ありますが、「決めつけないこと」もその一つだと思います。

これまで出会った子どもたちの多くは貧困や母子家庭、被差別階級などネパール社会の「負」を背負った子でした。入学が決まると村人から嫌な顔をされたり、後ろ指をさされたり、「アイツには気をつけろ」と耳打ちされたことも少なくありません。

でも、酷しい現状を抱えた子や傷ついた子ほど、ささやかな事がきっかけとなり、予想もしない人間性や才能を開花させました。彼らに必要なのはチャンスと挑戦する気持ち、なにより信じて背中を押してくれる大人の存在なのだと思います。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月21日

笑いの渦

resize3584

支援者のお宅で友人、知人の皆さんに集まっていただき、ネパールやヒマラヤ小学校について話をしました。聞き上手な皆さんにのせてもらい、淀みなく話をすることができました。こんなの何年ぶりでのことしょう!

余談で仏教寺院での治療の思い出話をしたら、会場が笑いの渦に包まれました。異文化の体験談は実生活との大きな落差が面白いのだと思います。気づいたら話してる自分も大笑いしていました。

人間、笑っているときが一番幸せな瞬間だと思います。雑務に追われ、ため息をこぼすことが多くなる今日この頃ですが、こんなときこそ笑いは最高の特効薬になりそうです。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月20日

自分を納得させながら


resize3369

来年、学校が創立20周年を迎えることを知った人たちから「どんな気持ちですか?」という質問を受けます。

率直に言って嬉しいという思いや、支えてくれた人たちへの感謝の気持ちが強いのですが、20年は決してゴールではなく、遠い先にあるゴールに向かう途中の節目でしかありません。正直、何合目に到着したことになるのかもわかりません。

丁度、10周年を迎えたあとの(11年前の)ブログでも10周年の感想みたいなものを書いていました。きっとこれからも同じように「これでいいのだ」と自分を納得させながら活動を続けていくのだと思います。来年、20周年を迎えたとき、今より少しでも前向きな気持ちになれていたら……それが今の目標です。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月19日

ティージ祭り

resize2934

ネパールは祭りで賑やかな時期です。18日からは女性の祭り(正式には女性による夫のための祭り)である「ティージ」が始まりました。

初日は赤いサリを着た女性たちが夫の健康と長寿を願い、夜遅くまで歌って踊ります。2日目は断食、3日目の「リシパンチャミ」では川で沐浴をして1年の不浄を清めます。

ティージといえば、カトマンズ市内の寺院で出会った可愛らしい女の子たちのことを思い出します。震災や病気で2014年以降は会えていませんが、今頃、赤いサリをまとって楽しく踊っているのかもしれません。ぜひ、いつか再会したいです。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月18日

余人をもって

resize3314

ヤッギャ校長が無事アジャリの役目を終えて、現実界に戻って来ました。と同時に、あれやこれやと雑務をお願いしました。

ヤッギャ校長の存在なくして、学校は成り立ちません。余人をもって代えがたい存在であり、ただただ感謝の気持ちしかないのですが、一方でヤッギャ校長に依存していることへの不安もあります。

ヤッギャ校長がいなくても、なんとか学校が成り立つようにすることが最大の課題かもしれません。本気で考えなければ!と思う今日この頃です。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月17日

自分なりの答え

resize1040_PerfectlyClear

長く続いたコロナ禍が自分や学校に何をもたらしたのか、ふと考えることがあります。まだ考えを集約するまでには至っていませんが、意識的に学校と距離を置いた(帰国から)コロナ前までの5年と、半ば強制的に距離を置くことになったこの3年余りは、やはり大きな違いがあるように感じます。

既報のとおり、ネパール社会は近代化によって、急激に変化しています。このまま近代化が進むことへの期待もありますし、危機感や不安もあります。今後の社会の変化にどう対応すべきか、自分自身や学校が試されているような気もします。

自分が果たすべき役割は一体何なのか?創立20周年を迎える来年までに、自分なりの答えを出してみようと思っています。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月16日

意識の違い

resize0333

職業訓練所のフェルトのチャリティー販売にあたり、もし子どもが口に入れてしまったらどうするか等、安全性に関する相談がありました。

口に入れることを想定していませんでしたので、まるで虚をつかれたような思いでしたが、考えて見れば小さな子どもが手にしたら口に入れることだってあるはずです。もちろんフェルトを作る段階で高熱処理をしていますので問題はないと思いますが、カビがついたりすることもあるかもしれません。とても大切な視点です。

気にしたらキリがありませんが、万が一を想定しておくことはとても重要なことです。これも販売を委託したからこそ気づけたこと。本当にありがたい学びの機会となりました。

そんなわけで、その旨を職業訓練所に伝えたのですが、答えは予想通り「ノープロブレム」。意識の違いを埋めるのは本当に難しい課題です。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月15日

連邦学校教育法案

resize0207

ネパールの新しい連邦教育法案が提出されたことを受け、騒ぎになっているようです。教員のストも実施されたようです。

法案によるとSLCに代わり行われていたSEE(中等教育試験)は廃止され(各学校レベルで実施)、統一試験は12年生終了時に実施されるとのこと。その他、私立学校への新しい規定もあるようで、法案に対しPABSON(ネパール私立寄宿舎学校協会)は反対しているとのことです。

この先、法案が可決されるのかフメイですが、ネパールの教育は今、大きな変革期を迎えているようです。





■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月14日

無償教育と給食

resize0756

退学率が依然として高い今のネパール。状況を改善させるためには、やはり「無償教育と給食」しか道はないのだと確信します。





■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月13日

当事者意識

resize0202

先日、後援会の会報をお送りしたところ、駄文への感想やアドバイスをいただきました。ありがとうございます。

会報では国際協力において、現地の人たちが当事者意識を持つことが何より大切だ、ということをあれこれ書きました。とくに一人ひとりが能動的に活動に取り組むためには絶対に欠かせないものです。

もちろん自信を持つことや活動の意義や自分の立ち位置を理解することなど能動的に取り組むため重要なことは他にもいろいろありますが、やはりなにをおいても「当事者意識」ではないでしょうか。

問題や課題も含め、眼の前で起こるすべての現象を他人事ではなく、自分のこととして捉えられるか……。活動の成否はそこにかかっていると思います。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月12日

自らの努力で

DSC_1039_6272_PerfectlyClear_copy_640x426
所要のため、久しぶりに開校式典の様子を写したビデオを観ました。20年あまりの時の流れをひしひしと感じます

特に入学ばかりの子どもたちのあどけない姿には心が和みます。青鼻を垂らしていた彼ちが自らの努力で大きく成長し、今では自分を、家族を、社会を、そして学校を支えるようになったのですから、本当に素晴らしいことです。

ビデオの中で26歳の自分とも再会しましたが、「蛇は竹の筒に入れても真っ直ぐならぬ」のようです。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月11日

雑に生きる

resize1033

ネパールから届いた雑を極めたような資料を眺めながら、ひとり感慨に浸りました。思えば、僕のような雑な人間が長くネパールで暮らせたのは、雑を許容してくれる社会のおかげでした。自分が雑な代わりに相手にも一切丁寧さを求めない。考えたら、これほど生きやすい社会はありません。

あれこれ些事にこだわりすぎていないか、今の自分の活動を見つめ直し、少し肩の力を抜いてみようと思います。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



llっっっl


hsf at 00:00|Permalink

2023年09月10日

フェルト完売!!

resize0086

佐賀県立小城高校の皆さんの協力の下、文化祭で職業訓練所製品(フェルト)のチャリティー販売が行われ、完売したとの嬉しい知らせを受けました。生徒さんの熱意が完売という素晴らしい結果に繋がりました!!

今回のチャリティー販売は既報のとおり、コロナ禍で販売できず倉庫で眠っていたものを販売してもらうことになりました。少しでも生徒さんの学びに繋がればとの考えから値付けもすべて一任しましたが、「完売」という結果を見ても、値付けから販売方法まですべて状況に対応できているということですから、素晴らしいのひとことです。

売上はもちろん大事ですが、売上よりも大切なことがあります。それは関わるすべての人、つまり作り手、売り手、買い手、みんながともに喜べることだと思います。「誰が、どんな思いで」という部分をそれぞれにきちんと伝えながら、売上を最大限有効に活かすことで、更に喜びが大きくなる活動に発展できればと思います。

小城高校の皆さん、本当にありがとうございます!



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月09日

当たり前を捨てる

resize0067

パソコンの調子が悪く、刻一刻と買い替えの時期が拶っていることを実感します。ネパールにいた頃はパソコンでもカメラでも壊れてしまったら取り返しのつかないことになりますので、すべてのものに予め予備を用意していました。それが日本に帰ってからいつでも手に入る安心感か、予備をまったく用意しなくなりました。

どちらの環境が良いかといえば、いつでも何でも当たり前のように手に入る日本なのかもしれません。でも果たしてこの緊張感のない状況が健全なのかというと、甚だ懐疑的です。

まずは「当たり前」を捨てることから、自分を変えなければと思う今日この頃です。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月08日

みんなと一緒にやっている

resize0545

先日、後援会の会報の郵送作業(会報の封入、封かん作業、シール貼りなど)を学生さんに手伝ってもらいました。

元々、会の役員の皆さんにやって頂いていたものですが、コロナ禍や介護など家庭の事情で集まることが難しくなったため、一昨年前から引き受けることになりました。量がそれほど多くないので、ひとりでも十分やれる作業ではありますが、今後の継続性を考えると作業内容を知る人が増えることは大事なことです。それに、一人で作業をしてしまうと、「自分はこれだけやっている」とか「自分がいなければ成り立たない」といった慢心や勘違いにつながる恐れがあります。上手く行かないときほど、そういう気持ちが萌芽しやすくなりますので、それを避けるためにも「みんなでやっている」という事実が大事になります。

そんなわけで、以前から協力を申し出てくれていた学生さんたちに手伝ってもらうことにしましたが、若い人たちの処理能力の高さに思わず脱帽しました。特に作業の手順など、自分のこれまでのやり方のマズさに気づけたことは大きな収穫でした。

作業のあとの歓談も貴重な学びの時間となりました。若い人たちから学ぶことばかりです。これまで少し憂鬱気味だった単純事務作業でしたが、次が楽しみになりました。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月07日

どうしても思い出せない

resize0786

「たかが名前、されど名前」。

15年ほど前、敬愛する先生から教えて頂いた箴言を肝に銘じて行動してきたつもりですが、どうしても名前を思い出せない児童が数人います。写真を見る度に頭をかき、しばらく考えてみるのですが思い出せず、ため息をこぼしています。

学校に問い合わせてみても児童が中途退学していることや先生たちも入れ替わっているため、結局、迷宮入りしたままです。

たとえ一時でも縁があった子どもたち。なんとか名前を思い出したいものです。あぁあ。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月06日

巻き込まれないために

resize0436

少し前になりますが、外国での雇用を装った人身売買の記事が目に止まりました。ネパールは雇用機会が乏しいため外国へ行って働きたい、外国にいけばなんとかなる、そんな思いをいだく若者がたくさんいます。既報のとおりヒマラヤ小学校の卒業生にも既に中東へ出稼ぎに行っている子もいますし、希望している子も少なくありません。

お金が絡めば、そこに何らかのトラブルが発生することは世の常です。人の足元を見る輩がいることをきちんと認識することが、犯罪に巻き込まれないひとつの力となるはずです。そのことを卒業生たちにどう伝えていくか、皆で知恵を出し合いたいと思います。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月05日

待つことで

1lettercosmo

糸掛けで曼荼羅を作る「コスモサークル」の工作キットをご寄贈いただき、今年3月に支援者グループにお願いして学校へ届けてもらいました。

当初の予定では届けてくれたグループが子どもたちと一緒にコスモサークルを作る予定でしたが、時間の関係で実施できず。すべて先生たちに委ねることにしました。倉庫に眠ったままになるかもしれないという不安も少しありましたが、先生たちが主体的に活用することに期待しました。

しばらく待っていたところ、7月中旬にコスモサークルのワークショップを実施した旨、報告がありました。写真を見ると子どもたちだけでなく、先生たちも楽しそうに作っていて、すごく嬉しい気持ちになりました。任せて良かったと心から思いました。

「待つ」というのはとても難しいことですが、待つことで生まれることもたくさんあるのだと改めて思います。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月04日

第一期生

resize0064

先日、テレビ番組でお世話になった人と久しぶりに会って話ををしていたとき、第一期卒業生のラクシミ-シェルパのことが話題に上がりました。

学校卒業後、一度は進学したものの窮状を抱え中途退学。しばらく母親と採石場で働いていました。その様子がテレビで放映されたことから支援を受けることとなり、復学して10年生まで学ぶことができました。

震災でアパートから引っ越したことは聞いていましたが、その後の所在は分かりません。つてを当たれば、どこかで再会できると思いますが……。つつましくも幸せを感じながら暮らしていてほしい、それだけが望みです。


VOB_000781890



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月03日

原点に引き戻す

resize0062

小学生向けのイベントで話をしたとき、ヒマラヤ小学校の子どもたちが果物を食べられるのは年に1、2度。祭のときだけ、という話をしたところ、話のあとに3年生の女の子が寄って来て、「家でブドウを育てているので、子どもたちに食べさせてあげたい」と言ってくれました。小学生の温かい優しさに胸が熱くなりました。

国際協力のスタートは「誰かの役に立ちたい」という気持ちからです。3年生のひとことが、雑務に追われ目的や意義を見失いかけていた自分を原点に引き戻してくれた気がしました。


■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月02日

独特の雰囲気

resize0065

十数年前の放課後の職員室の様子。ひとり、ふたりと子どもたちが自然と集まって来て、ヤッギャ校長や先生たちと他愛のないおしゃべりをしていました。時間がゆうゆうと流れる独特の雰囲気は、とても心地の良いものでした。

今もこんな雰囲気はは残っているのだろうか……。ネパールの近代化のニュースを目にするたびに、ふとそんなことを考えます。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年09月01日

小城高校の皆さんによるチャリティー

resize0061

新型コロナウイルス禍でチャリティー販売が中止となり、長らく倉庫で眠っていた職業訓練所謹製のフェルトが日の目を見ることになりました‼

交流を続けている佐賀県立小城高校の皆さんが、文化祭でチャリティー販売をしてくれる事になったのです。本当にありがたく、言葉に尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。

小城高校の生徒さんの気持ちを、どう子どもたちや関係者に伝えていくか。これからが本番です。相互理解が進むよう全力で取り組みます‼



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年08月31日

名画ばかり

1letter

奨学生の手紙が届き、急いで翻訳作業を進めています。日本人の感覚からすると驚くほどバラバラでイイカゲンな(分類が一切されていない)状態で届きますので、いつも手紙と写真を組合わせる作業に手こずります。それでも作業が終わると、バラバラだったパズルの最後のピースがはまったような喜びと達成感に包まれます。

そんなわけで、ようやく翻訳作業に入ったわけですが、子どもたちの何気ない喜びや成長が伝わって来て、とても楽しい作業です。特に絵を見ると子どもたちの心境がひしひしと伝わってきて、時が経つのを忘れます。

今回、女の子の手紙はドレスを着たお姫様の絵が多かったのですが、なぜかどれも後ろ姿。流行りなのでしょうか?思わず肩を叩いて振り向かせたくなるような美しい名画です。見惚れてばかりいないで、まずは作業を進めなければ‼



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2023年08月30日

気忙しいまま

resize0066

あちらこちらから体調を心配してくださる声をいただきました。ありがとうございます。尻もちをついて尾てい骨にヒビが入ったり、耳の状態が悪かったりと、身体のところどころ問題はありますが、体調自体は問題なく元気に過ごしています。

自分の仕事や学校関係の雑務、さらにヤッギャ校長が8月下旬からプジャリとしてマチェンドラナート寺院へこもるため、その前に終わらせなければならない用事が多々あったり、さらに卒業生にトラブルが起きたりと、気忙しいまま夏が終わった感じです。

遅れに遅れている事務作業は、気合が空回りして相変わらず失速状態ですが、なんとか9月中には片付けられるよう、石炭をくべているところです。



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。





hsf at 00:00|Permalink

2023年08月18日

モヤモヤは現場を離れたことにあり

resize0122

頭の中がずっとモヤモヤしていることの正体を突き止めるため、友人のアドバイスに従って紙に書き出してみました。

事細かに書き出してみると、モヤモヤの原因の多くが自分の手には負えないことであることが分かりました。つまりどうしようもないことで、いちいち悩んでいたのです。さらにその大元が「現場を離れている」という事実から来ていることにも気づきました。

現場を離れることは自分自身で決めたことなのに、上手く行かない現実を離れたことのせいにしていたのです。現場にいれば……。そんなことばかり考えていては前に進めません。この際、きっぱり捨てることにします。モヤモヤとおさらば‼



■朝日新聞webメディアSDGs Actionで「児童労働」について書いています。ぜひご覧ください。



ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらからq


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink