重要なお知らせ

吉岡大祐のヒマラヤ活動日記 へご訪問いただきありがとうございます。 奨学生ならびに学校宛の手紙は普通郵便に限ります。受け取り手続きが必要なEMS(国際スピード郵便)や国際書留郵便、その他、DHL,OCS,FEDEXなど国際宅急便の利用はお断りしております。また物資による支援は自立を目指す学校の教育方針および関税等の問題から全てお断りしてます。どうかあしからずご了承ください。 今後ともよろしくお願いいたします。

当ブログはしばらくの間、不定期となります。 この間、メイルへの返信等、大幅に遅れる場合があります。ご了承下さい。お問い合わせ先:info@ikueikai.org

2021年09月23日

関心事


resize0199

種々雑多な業務が立て込んで、手が離せない状況がつづいています。頼んだ書類に記載漏れがあったり、スキャンして送られてきたPDFデータがナナメになっていたり...。ネパールの人達と仕事をしているとどれもよくあることですし、単なる日本とネパールの文化的な違いですから笑い飛ばせば良いのですが、立て込んでいるとなかなか鷹揚に構えられません。

それでも一つひとつの課題が解決すると、プロセスに手間が掛かった分、喜びも大きくなりますから世の中、本当に無駄はないと思います。

やり直しを繰り返している書類があって、なにかと手こずっていますが、それも「いつか終わる」と思い、取り組んでいます。それが「いつ」なのかが目下、一番の関心事です。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年09月22日

子どもたちのおかげ

resize0198

地べたにはいつくばって暮らさざるを得なかった子どもたち(卒業生)の中から、新しい動きが出てきたことが、今の自分にとって一番の喜びです。

自分たちの生活を、自分たちの村を、そして自分たちの母校を自らの努力で変えて行こうという彼らの真剣な思いはもうどうでもいいや、という投げやりな気持ちになっている自分を、はっと引き戻してくれます。本当に子どもたちに助けられてばかりの活動です。Dhannebad!!



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年09月21日

ぬか喜び


resize0521

首を長くして待っていた資料がようやく届き、ひとり喜びを爆発させましたが、データを開いてみると思っていたものとかなり違うものが....。結局、ぬか喜びでした。

こんなときは、送ってくれただけでも、届いただけでも、ありがたいと思うようにしています。これ以上、届かないことをいい訳にできない状況になったことで背中を押されたと思えば、決して無ではありません。単なる負け惜しみともいえますが....。対ネパール、連敗記録更新中です。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年09月20日

草鞋をつくるうちに



resize0104

自分の活動について、好きでやっていることと書いたところ、高校生や大学生から「どうすれば好きなことを仕事にできるか(活かせるか)」という趣旨の質問を受けました。社会に出る前、誰もが経験する将来に対する期待と、漠然とした不安が心の中で混じりあっている感じが伝わってきます。


自分自身は、好きでこの活動をはじめた訳ではなく、そもそもやろうなんてことを思ったことも、やっている自分を想像したことありませんでした。ただ目の前に突として現れた課題に、あと先なにも考えずに飛び込んだことがきっかけで始めたことです。

「駕籠に乗る人、担ぐ人 、その草鞋をつくる人」ということばがありますが、その草鞋をつくる内に好きになった、ということだと思います。どんなことも続けるうちに、知らなかった面白みに気づいたり、ささやかな喜びを感じたり出来るのではないでしょうか。まず草鞋をつくり、それを続けることが大事だと思います。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年09月17日

自分に喝!!


resize0873

ネパールの関係者に依頼したものがなかなか出来上がらず、ふと大きなため息をこぼしてしまいました。遅れることは重々承知しているのですが...。こんなときです。自分の未熟さを痛感するのは。

文化も習慣もモノの考え方も違う異国の人たちと上手くやっていくには、自分を変える以外に道はないのだと思います。活動をはじめて23年。まだまだ変わりきれていない自分に喝!です。でも、もうそろそろ出来上がってほしい...ふぅぅ。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2021年09月15日

好きでやっていること


resize0936

若い人たちからのインタビューが続いています。学校の課題や受験に向けての準備、個人的な関心などインタビューの理由は様々ですが、若い人たちがひたむきに学ぶ姿に触発され、活動への意欲が湧き上がります。

インタビューでは、活動は苦しくなかったのか、苦しかったことはなにか、という質問をよく受けます。もちろん目前に大きな壁が立ち塞がったときはもがき苦しんでいたのだと思いますが、不思議と苦しかった記憶はありません。きっとその後の嬉しい出来事で総消しになったのでしょう苦しみと喜びは表裏一体です。

でも、結局のところ、自分が好きでやっていることだから、どんなことも苦にならないのだと思います。そう思うと、好きでやっていると言い切れる自分を手に入れられたことは、間違いなく、ぼくの幸運のひとつです。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年09月10日

現場の感覚


resize0875

学校再開に関するニュースを見て、すぐに学校へ電話を掛けましたが、ニュースに対する現場の反応は冷ややかでした。政府の言うことが2転3転していて、明日は何を言い出すか分からない、というのが理由のようです。

現場にいれば、同じように感じるのだと思いますが、長年離れていると、どうしてもニュースを真に受け、その情報にとらわれてしまいがちです。

最後の訪問からもう直ぐ2年。現場の感覚を少しでも取り戻さなくては、と思う今日この頃です。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2021年09月09日

周囲の大人


resize0607

先日、国際協力、特に教育分野に関心を持っっている女子高校生からオンラインで質問を受けました。関心事が同じということもあって、話に花が咲きました。

いつもながら若い人の意識の高さや、ひたむきに学ぼうとする姿には感銘を受けます。今の高校生たちが社会で活躍するとき、世の中は大きく変わるのではないでしょうか。自然とそんな期待を抱きます。

実は今回のオンライン交流は、子どもたちの本(「ヒマラヤに学校をつくる」)を読んでくれたことがきっかけだったそうです。本を読み読み終えたあと、先生に「書いた人に直接、質問してみたい」と話したところ、先生が直ぐ行動に移され、こんなぼくを探してくださったのです。

高校生の行動力もさることながら、生徒の気持ちを受け止め、すぐに行動された先生が素晴らしいと感じました。子どもたちと接するとき、周囲の大人はどうあるべきか教えていただいた思いです。

子どもたちの興味の種、探求の根を一緒になって育てること。これが大人の大事な役目だと、改めて思います。

■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年09月02日

学校再開??


resize0849

カトマンズ郡のゴカルネショール市が学校再開(対面授業)の許可を出したことが波紋を呼んでいるようです。

ニュースによると、ゴカルネショール市内の学生の多くが高速通信や機材を持っていないためオンライン授業は効果的でなく、学生が教育機会を奪われていることを危惧した市長の判断のようです。

市長の話では、子どもたちの健康管理や授業中のマスクの着用、手洗い場の設置、生徒同士の距離を保っているか監視するなどの対策を取るそうですが、十分な疫学調査ができていない状況であることや感染が拡大している中での再開に対し、専門家からは反対意見が多くあるようです。またカトマンズ郡の長官は学校再開許可を出すか決定していないとのことです。

再開を望む声が多いことも、オンライン授業の不備も理解できますが、今年4月、5月に起こった悪夢のような第二波を考えると、やはり慎重にならざるを得ない気がします。どういう動きになるのか注目しています。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年09月01日

深いため息

こういうニュースを見る度に、底知れぬ無力感を覚え、深いため息がこぼれます。






■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年08月31日

2021年、夏


P1248151_PerfectlyClear_copy_640x480

8月最終日となりました。緊急事態宣言の発令を受け、7月下旬から8月に予定していた夏休み中のイベントや講演会のほとんどが延期または中止となりました。社会状況を考えば致し方ありません。

時間ができた分、たまっている雑務を仕上げようと怪気炎をあげたのですが、夏バテや天候不順を言い訳に途中で断念したり、延期を繰り返す始末。己の意志の弱さにため息がこぼれます。

それでも今年の夏は多くの良書との出会に恵まれました。知らない世界を知る度に実社会の奥深さを実感し、ひとり色めき立ちました。

明日から始まる9月はどんな月になるのか....。まずはパンデミックの収束を願うばかりです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年08月30日

インタビュー


resize0864

しばらく高校生や大学生など、若い人たちからのインタビューがつづきました。皆さん、貧困問題や国際協力、ソーシャルビジネス、途上国の教育問題を学校の課題としてまとめているそうで、たまたま著書を手にしてくれたことで繋がりました。こうして活動に関心を持ってくれた人と直に話し合えるのはネット社会の恩恵。とてもありがたいことです。

いつもながら若い人たちの行動力や意識、向学心の高さには驚かされます。ぼくにとって他の国や地域の取り組みについて知る貴重な機会にもなっていますし、何よりも自分の体験が、ささやかながらも若い人たちの役に立てることは本当に嬉しいことです。改めて、つづけて来て良かったと心から思います。

今週もインタビューがつづきます。緊急事態宣言で講演が延期や中止になった分、全力で取り組みます!


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年08月25日

小学3年生の優しさ

resize0870

先日、ミニ集会で話をしたとき、お母さんと一緒に参加してくれた小学3年生の女の子が、「ネパールの子どもたちに」と言ってタフテープを編んで作った素敵なブレスレットや金メダルをプレゼントしてくれました(ぼくも金メダルをプレゼントしてもらいました。ありがとうございます!!)。

事前にネパールやヒマラヤ小学校のことを勉強した際、プレゼントを思いついたそうです。小学3年生の健気な優しさに胸がいっぱいになり、なんだかヒマラヤ小学校の子どもたちと日本で再会したような気持ちになりました。本当に子どもたちから教わることばかりです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年08月21日

難行苦行


resize0598

小学生向けの講演は持ち時間やテーマによって5パターンほど作っていますが、これまでの子どもたちの反応を踏まえ、加筆修正することにしました。どうすれば子どもたちの心にスーっと入っていくのか、どんな内容なら子どもたちが比較しやすくなるか悩みながらの作業です。

まずは、あれもこれもと「欲張る」ことをやめることが大事だと分っているつもりなのですが、これがなかなか...。難行苦行がつづきそうです。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年08月18日

気持ちを伝える


resize0497
「デレイ、デレイ、ダンネバード」(本当にありがとうございます)。

先日、カトマンズ3郡に出されている行動規制が緩和されたことを受け、預かっていた支援金を送金しました。ヤッギャ校長に電話をかけ、誰がどんな思いで、そして何のために支援をしてくれたのか詳細を伝えたところ、ヤッギャ校長が何度も繰り返し、支援者に対する感謝の気持ちを伝えてきました。

いつも感心するのですが、「誰が」という主語以外は、耳にタコができるような話にも関わらず、ヤッギャ校長は話の一つひとつにしっかり耳を傾けるのです。彼のことですから、おそらく一言一句漏らさぬようにメモを取っているでしょう。こうした誠実な姿勢がヤッギャ校長に対する大きな信頼に繋がっています。

支援者の気持ちを伝えることはとても大切なことですが、見えない分とても難しいことです。気持ちが伝わらなければ支援自体が当たり前になり、依存心を高めることに繋がります。依存すればそれだけ不安定になり、自力で生きることが困難になります。

だからこそ支援の一つひとつにある支援者の気持ちの部分をきちんと伝えていくことが大切だと思います。気持ちが伝われば子どもたちは必ず頑張ります。それもヤッギャ校長のように現地の人が、意図せず自然な形で伝えていくことに意味があるように思います。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2021年08月17日

ネパールで生きる

resize0471

Covaxを通して日本をはじめ各国からアストラゼネカ製ワクチンが届き、65歳以上の高齢者140万人への2回目のワクチン接種が始まりました。ただワクチンの調達が遅れたため、1回目の接種から既に5ヶ月以上間隔があいているそうです(WHOは8-12週間を理想的な接種間隔としています)。中には待ちきれずに別のワクチンを接種した人もいるとか。

また接種を受けた人に配られる免疫カードしか記録管理がないため、誰がどのワクチンを打ったのか確認することが出来がないそうです...。

更に新型コロナウイルス感染症に有効といわれているトシリズマブ(抗リュウマチ薬)が闇市で市場価格の17倍の価格で取引されているとのニュースも。

どれもなんとなく予想していましたが、ネパールで生きるというのは、そういうことなんだと思います。いろいろと考えさせられます。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。






hsf at 00:00|Permalink

2021年08月16日

行動規制の延長


resize0502
カトマンズ盆地3郡に出されている行動規制は12日、再び延長されました。また、午後8時以降の夜間車両通行が禁止になったようです。感染が再拡大していることから、厳しいロックダウンが必要との声も出ています。ワクチンの不足で接種が遅れている状況を考えると、ロックダウン再発は不可避かもしれません。

分母が急拡大すれば、絶対数では重症者も死者も増えます。今のままでは5月の第二波と同じように医療が崩壊してしまうことも懸念されますので、今が正念場であることは間違いありません。


先日、COVAX(コバックス)を通じて、日本からネパールにワクチンが届いたとニュースがありました。支援要請をしていたブータンからも23万回分のワクチンが届いたようです。今後COVAXを通じて世界銀行からも400万回分のワクチンが届く予定のようです。ただこちらは来年3月頃とのこと。目標としている人口の72パーセント接種完了は、かなり先になりそうです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。
















hsf at 00:00|Permalink

2021年08月15日

一人ひとりの思い


resize0882
しばらく地方のミニ集会で講演がつづきました。こんなご時世でも、子どもたちに目を向けてくれる人がいることに感謝の気持ちが込み上げてきます。

ある会場では、参加してくれた中学生の姉妹が募金箱に浄財を入れてくれました。聞けば、家のお手伝いをして得たお小遣いだそうです。大切なお小遣いを子どもたちのために募金してくれた姉妹の優しさに、自然と胸が熱くなりました。

学校も子どもたちも、こうして一人ひとりの温かい善意によって支えられていることを決して忘れてはいけません。そして、その支援にはそれぞれの思いが込められていることを確実に伝えていかなけばと改めて思います。それが子どもたちの大きな力となるはずです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年08月06日

仕合わせを感じるとき


resize0048

佐賀県立小城高校の皆さんが制作したビデオを観た子どもたちの感想文が届きました。高校生の皆さんに対する感謝の気持ちを綴ったものや、ネパールのことを知って欲しい、次はネパールの踊りを披露したい、というものまで子どもたちの素直な気持ちが書かれていて、自然と温かい気持ちになりました。高校生の思いが子どもたちの心にダイレクトに伝わったことがよく分かります。

感想文とともにヤッギャ校長の手紙が届きましたが、こちらも子どもたちがたくさんの学びの機会を頂いたことに対する感謝の気持ちがびっしりと綴られていていました。

こうしてお互いの顔が見え、気持ちが通じあえたことを実感できたとき、そして心の温度がぴたっとあったときが、活動の中でもっとも仕合わせを感じるときです。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年08月01日

ネパールの国際郵便再開??

気になっていたネパールの国際郵便について調べてみると、なんと約1ヶ月前にこんなニュースが出ていました。ネパールのニュースは毎日チェックしているのですが、まったく気がつきませんでした。

昨年、経営破綻し定期便が運休となっているタイ航空に代わり、今後はネパール航空が国際郵便を扱うことになったそうです。ということは、国際郵便は再開も近い、あるいは再開済みということでしょうか....。蓋を開けて見るまではわかりませんが、前進したことは間違いありません。

考えてみたら国際郵便が1年半以上も休止状態であることも驚きですが、国際郵便が再開するかもしれない、というだけで心が躍るのも、なんだか不思議な感じです。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年07月31日

ワクチン接種

resize2697

先日、二回目のワクチン接種を終えました。例にもれず熱や倦怠感などの副反応が出ました。床を上げるまで少し時間がかかりましたが、原因が分かっていることや食欲が維持できたことでなんとか耐えられました。過去に苦い経験のある解熱剤を使わずに済んだこともよかったです。接種後、2週間あまりで中和抗体が安定するそうです。まだ気は抜けませんが、とりあえず接種を終えてほっとしています。


 接種にあたり、mRNAワクチンに関する書籍を2冊ほど読みましたが、知れば知るほど興味深く、世界最先端の技術を体験できるということで心が弾みました。いずれ風邪を引き起こすウイルスのカクテルワクチンなんかも登場して、風邪を引くこともなくなるかもしれません。すごい時代に生きていることを肌で感じる今日このころです。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年07月28日

力作上映!!

Screenshot (7)

佐賀県立小城高校の皆さんが子どたちのために制作してくれた力作動画を、オンライン授業で上映した旨、ヤッギャ校長から報告を受けました。

受け取ったスクリーンショット映像からも、子どもたちが動画に吸い込まれている様子が伝わって来ます。写真は唐津で撮影したという海(虹の松原?)の映像です。海のないネパールの子どもたちにとっては、何よりのプレゼント。海水の透明感や波の感じが伝わったのではないかと思います。

海以外にも桜や日本舞踊、部活の映像や高校生からのビデオメッセージも入っていますので、子どもたちには多くの学びがあります。

ヤッギャ校長が2009年に日本を訪問した経験も大いに生かされるのではないでしょうか。近く子どもたちの感想が届く予定ですので、今からとても楽しみです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年07月26日

佐賀県立小城高校の皆さんの力作

resize0921
SDGsについて学んでいる佐賀県立小城高校の皆さんが、ヒマラヤ小学校の子どもたちために日本の自然や文化を紹介する動画と紙芝居を作ってくれました。

昨年10月今年3月に小城高校を訪ね、支援活動について話をしましたが、そのときの生徒さんの熱心な思いに深く心を動かされましたことは既報のとおりです。その生徒さんが作る作品ですから、当然のことながら内容も素晴らしく、どちらも力作です。

学業や部活で多忙の中、各地へ出かけてビデオ撮影をしてくれたり、紙芝居を作ってくれた生徒さんのやさしさ...。言葉に尽くせない感謝の気持ちが込み上げてきます。


本来ならビデオと紙芝居をネパールまでもって行き、生徒さんの気持ちを子どもたちに十分伝えた上で上映したいところですが、折からのコロナ禍でそれが叶わず、今回はヤッギャ校長に全てを託しました。

動画や紙芝居を見た子どもたちがどんな感想を持つのか、そして自然や文化のどこに着目するのか、子どもたちの反応がとても楽しみです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年07月23日

行動規制の形骸化


P1248214-640x480_PerfectlyClear


今月25日まで延長されたカトマンズ盆地3郡の行動規制は、緩和が進んだこともあって既に形骸化しているようです。

それに伴ってか、新型コロナウイルスの陽性者が増えているとのこと。危惧されているデルタプラス株の拡大、ひいては第3波到来という最悪の流れとならないことを願うばかりです。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年07月22日

デウバ新首相誕生

resize0655

先日、ネパールの新首相にネパール会議派のシェル・バハードル・デウバ氏が就任しました(18日に下院でも信任されました)。2018年以来、今回が5度目の就任です。与党の内紛を受け、オリ前首相が試みた下院解散を最高裁が無効と判断したことを受け、政争収拾のため大統領がデウバ新首相に組閣を命じたことが今回の流れのようです。


デウバ首相といえば2002年、当時のギャネンドラ国王によって突如、首相を解任されたことを思い出します(同時に下院解散)。2001年6月1日の王宮事件以降、いつか起こると思っていた政変が現実化したことに、社会がざわめいたことを鮮明に覚えています。

あれから20年。今もネパールの政界では議員が離合集散を繰り返し、政治の混乱が続いています。今回も混乱が収拾しなければ解散、総選挙という流れになる可能性もあります。しばらく政情不安が続きそうです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年07月16日

今やらねばいつできる

resize0037

先週末から今週初めにかけ、都内の大学生グループをはじめ、今年社会人になったばかりの人など、若い人たちとの会談がつづきました。大学で学んでいることや得た知識や経験を貧困国の子どもたち役立てたいという思いをもっている人たちですので、自然と話が広がりました。


これまでのささやかな経験から、お金やモノに依存しない、そのうえで三方みんなが喜べる新しい支援システムを構築したいといつも願っています。そのためには、なんといっても若い人たちの力が不可欠です。今回の会談の中でも若い人たちから大きな示唆を得ることができ、充実した時間となりました。

会談の中では、ヒマラヤ小学校を訪ねたい、という声をたくさん聞きました。新型コロナで中断していますが、ご縁のある企業や団体に対し、使節団のような形で若者をヒマラヤ小学校へ送り出す企画(渡航費や滞在費用の援助)の働きかけを再開してみるつもりです。

「いまやらねばいつできる、わしがやらねばだれがやる」。若者に感化された今、平櫛田中のコトバが強く胸にひびきます。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年07月09日

女性ジャーナリストがカースト差別について提訴


resize0168

ジャーナリストのルパ・スナルさんがカーストによる差別に対し、(教育相の解任などを求め?)最高裁に提訴したとのニュースがありました。


ルパさんがアパートの賃借の際、自身の出自がダリットであることとが分かると、家主が突然、賃借契約を断ってきたとのこと。



ニュースに対するネパール社会の反応はわかりませんが、因習に対し毅然と立ち向かう女性の出現は、ダリットの人々にとって一筋の光明となり、社会を変えるきっかけとなるかもしれません。もちろん今回のニュースだけでは断片的なことしか分かりませんので、今後の展開に注目します。




■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年07月08日

第3波に備え


resize0942
新型コロナウイルスのワクチン1回目を接種しました。自分の接種が世界のコロナ収束に繋がっていると勝手な自覚をもってチクッと打ってもらいました。

猖獗を極めたネパールのコロナ第二波でしたが、少しずつ落ち着いてきたようです。厳しい行動規制が功を奏したのか、ウイルスが自然に衰勢したのか分かりませんが、爆発の中心地だったインドも5月のピークから漸減し、新規感染は1/3程度までまで落ち着いているようです。

ただ、段階的とはいえ行動規制の短兵急な緩和に対し第3波を危惧する声も聞こえてきます。またワクチンの供給が大幅に足りず、2度の接種を完了したのは3% 未満ですので、今も綱渡りの状況であることは間違いありません(100人あたりの接種回数は11.8回)。

先月、第二波の緊急支援として児童の家庭に衛生用品を配布しました。第3波の備え、防波堤になればと願っています。





■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年07月07日

ムコール症に関するニュース


resize1023
インドで新型コロナウイルス感染症の回復期や回復後間もない感染者の間でムコール症が広がっているとの報道がありました。すでに4万人に達しているそうです。先月 はネパールでも発症例が報告されたことは既報のとおりです。


ムコール症は空気中に漂う真菌が原因の病気で、免疫力が落ちている場合に罹患しますが、特に湿った環境で引き起こされることから、患者への酸素投与で使う加湿器との関係も指摘されているそうです。致死率が高い病気だけに新型コロナウイルスよりも問題視されているとも。

ネパールは雨季真っ只中。人口比で日本の約3倍の新型コロナ陽性者出ている上に、ムコール症の症例が確認されていますので、どうしても胸中がざわつきます。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。







hsf at 00:00|Permalink

2021年07月05日

第一歩!!

P1247604_copy_480x640_PerfectlyClear

カトマンズ3郡の行動規制は段階的に緩和されていますが、現在も教育機関は休校のままです。昨年の第一波では9ヶ月ちかく学校が休校となりました。その間、子どもたちの教育機会をなんとか継続するために寺子屋で少人数クラス開催するなど、先生たちが知恵を絞りながら取り組みました。

そして今回、行動規制による休校を克服するため、なんとオンライン授業を始めたそうです。初日にアクセス出来たのは3人だけだったようですが、参加する児童は日毎に増えているとか。

ネパールでも安価なスマートフォンが手に入るようになり、村でもwifiが使える場所がありますので以前に比べハードルは下がっていると思いますが、まさかオンライン授業ができるとは思ってもいませんでした。どんなこともまず一歩を踏み出すこと。無理だと決めつけていた己の不明を恥じます。

尚、アクセス出来ない児童には、水曜と日曜に学校か寺子屋で対面授業を実施するとのこと。

子どもたちの教育機会の継続という大きな課題が、ヤッギャ校長はじめ先生たちの努力でクリアできそうです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月29日

エベレスト登頂25回

ずいぶん前になりますが、こんな記事が目にとまりました。

25回目のエベレスト登頂に成功し、自身が持つ登頂回数の世界記録を更新したという登山ガイドのカミ・リタ・シェルパさん。こんなただ者ではない人が存在するネパールは、やはり奥深い国だと思います。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月28日

困窮対策


resize3497

ヒマラヤ小学校では開校10年を機に、将来の有償化に向け、子どもたちから福祉基金の名目でわずかながらお金を徴収しています。

学校がつづくためには保護者が職を持ち、得た賃金から授業料を収める形が理想です。保護者に一定の責任を持って貰うことは学校をつづける上とても大事なことだと考えています。職業訓練を実施しているのもそのためです。

先日、ヤッギャ校長から連絡があり、昨年度3人の児童が福祉基金を全額収められなかったそうです。一人は保護者がコロナに罹患してしまい仕事が出来なかったことが理由で、もう2人はロックダウンの長期化で保護者が職を失ったことが理由のようです。

もちろん事情を考慮し、支払いは免除されますが、わずか数百円が収められないほど困窮しているということですから、なんらか対策を打つ必要があります。ただ何をどうすればよいか、良案はなかなか浮かびません。せめてコロナが収束してくれれば...。小さなため息がこぼれます。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月24日

分かり合えないことを起点に


resize0938
先日、大学生グループから国際協力についてインタビューを受け、ありったけの思いを話しました。若い人たちが世界に目を向け、興味や関心をもってくれることは本当に嬉しいことです。

国際協力の現場では、お互いに「分かり合えない」ということを起点にすることが大事だと考えています。文化も習慣も異なり、違う生き方をしてきた者同士ですから、分かり合えなくて当然なのですが、それを忘れて自分の価値観だけでやってしまうと、上手くいかない現実に対して不平や不満ばかりが募ってしまい前に進むことが出来ません。

「分かり合えない」ところからスタートして、長くつきあっていけば少しずつお互いの気持ちや立場、考えが分かってくるようになり、いつか「分かり合える関係」になるはずです。だからこそ息の長い活動が必要なのだと思いますし、それこそが国際協力の醍醐味だと思います。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01



CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月23日

高知県中土佐町立大野見小学校の5、6年生にお話


resize3106

高知県中土佐町にある大野見小学校の5、6年生にネパールの話をしました。

新型コロナ禍ということで、残念ながら今回はzoomを使ったオンライン講演という形となりました。久しぶりのオンライン講演ということで共有ボタンを押し忘れたり、音声に問題が起きたりしてオロオロしましたが、その都度、担当の先生に助けられ何とか話を終えることが出来ました。いい加減、オンライン講演に慣れなければ!!

それにしても大野見小学校の5、6年生は元気でノリがよく、感心するばかりでした。これまで写真やJICAの資料、TBSの夢の扉の映像を観るなど、ネパールについて学んで来たそうです。それだけに講演後の質問も多岐わたり、とても大きな学びの時間となりました。中にはネパール語で上手に挨拶をしてくれた児童も...。今日のために準備してくれた、その気持ちがとても嬉しいです。

いつか必ず大野見小学校のみんなに会いに行きたい、そんな思いが募ります。

大野見小学校の皆さん、ありがとうございました!!

■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月22日

行動規制、緩和

07-1 (77)~2_copy_480x640

カトマンズ盆地に出されていた行動規制(ロックダウン)が緩和された上で、28日まで延長されたようです。猖獗をきわめた第二波ですが、ここにきて少し落ち着いてきたということでしょうか。ただ第二波ではゼロ歳から9歳、10歳から19歳の陽性者が急増したそうですので、今後の第3波に対する備えが欠かせません。

こういう社会状況がつづくと、どうしても気になるのは児童労働の子どもたちです。繁華街のレストランの店先で、物陰から客が食べる姿を手真似をして口を塞ぐ....。そんな暮らしをしている子どもたちは一体どうしているのか。詮無いことと分かっていながら、あれこれ考えてしまいます。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01



CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月14日

自己分析


DSC_8091

訳あって自己分析をすことになり、ネパールへ渡った1998年以降の人生グラフを作成しました。

大きく変転するグラフを見ていると、下りはすべて自分の慢心から始まり、上りはすべて誰かの助けが起点となっていることに気付かされます。慎重さに欠け、調子に乗りやすい性格をよく表しています。

ただ、昨年の2月以降、コロナ禍で思うように活動が出来ていない状況にも関わらず、線が下がらずに一定の位置を保っているのは、気持ちが前を向いている証拠かもしれません。いつも思うことですが、自分の敵は自分自身です。せめて気持ちだけは常に前を向いていたいものです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月13日

世田谷区立中丸小学校でお話


resize0316

世田谷区立中丸小学校の2年生と5年生でそれぞれ「ネパールについて知ろう」と題して話をしました。

中丸小学校での講演は2年ぶり5回目です。今回は東京オリンピック・パラリンピック教育として、子どもたちが世界について学ぶ授業の一環でした。2年生に話をするのは今回が初めてだと思っていましたが、調べてみると2年前にも同じ中丸小学校で話をしていました。自分の記憶のいい加減さに呆れるばかりです。

さて肝心の講演ですが、2年生、5年生ともに気持ちの良い挨拶で始まり、講演中もしっかりと耳を傾けてくれた上に、一つひとつの話にリズムよく反応してくれたおかげで、とてもいい気分で話が出来ました。聞き上手な子どもたちに助けられました。あれだけ話が聞けるのは心が落ち着いている証です。

帰り際、廊下ですれ違った5年生の男の子が近づいてきて、「今日はネパールと日本の文化の違いがよく分かりました」と声をかけてくれました。きちんと自分の気持ちが伝えられるなんて、本当に素晴らしいことです。また2年生の女の子からも「今日は話をしてくれてありがとう」と声をかけてもらい、とても幸せな気分で学校を後にしました。

小学校での話はずいぶん久しぶりでしたが、子どもたちのおかげで初心に帰ることが出来ました。この活動、原動力は子どもたちだと改めて思います。中丸小学校の皆さん、ありがとうございました!


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月12日

弱い立場の人々を襲う悲劇


DSC_5206_copy_2672x1781

カンチャンプールで19歳の障害者の女性が強姦被害にあったとニュースにありました。2人組の犯人の内、1人は逮捕され 1人は逃走中のようです。被害者の女性の家族はハリヤ(債務労働者)とのこと。それを知っての犯行なのかは不明ですが、弱い立場の人々を襲うこうした悲劇が今なおつづいていることに、ため息がこぼれます。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00|Permalink

2021年06月11日

頭がさがる思い


resize0080

支援を必要とする人々に対して、「今、何が必要ですか?」と尋ねることは、あまり良い方法ではありません。実際、的確な答えは返ってきませんし、多くの場合、「コヒィ?(さぁ)」と言われるだけです。

そこで大事になるのが対話です。他愛のない雑談が思いがけず呼び水となり、彼らが本当に必要としていること(もの)がなにか、見えてくることがよくあります

今、新型コロナの第二波に対する緊急支援の実施に向け準備を進めています。外出が許可される朝の時間を使いヤッギャ校長が各家庭を回っているそうですが、きっと対話の中から本当に必要な支援を見つようとしているのだと思います。こういうヤッギャ校長の誠実な姿勢には、本当に頭が下がる思いです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月09日

インドを抜いて

P3140745_copy_640x480

ネパールの新型コロナウイルスの死亡率は人口比でインドを抜き、周辺国の数値を上回っている状況です。

次から次と明るみになる悪い数値。苦しい立場の人が一番苦しんでいることは、容易に想像がつきます。

レンガ工場で働く子どもたちはどうしているでしょうか....。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月07日

ムコール症

5re_copy_480x640

ネパールのコロナ第二波はロックダウンによって新規陽性者数は減少傾向にありますが、医療体制の崩壊や医療用品の不足など依然として厳しい状況が続いているようです。

そんな中、ネパールでムコール症による死者が出たと、気になるニュースがありました。周知の通り、インドの各州では新型コロナウィルスから回復した患者の間でムコール症(真菌症)への感染例が急増しています。コロナに感染すると回復した後もリスクを負うことになる訳ですが、インドの後追いをしているネパールですから、気が気ではありません...。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月06日

「ときたま展/写真とコトバ「Ⓟ、と、Ⓦ、と」

敬愛するアーティスト、ときたまさんの展覧会「ときたま展/写真とコトバ「Ⓟ、と、Ⓦ、と」へ29日の千秋楽、撤収作業の手伝いも兼ねて伺いました。



ときたまさんの展示そのものの楽しみの他、会場の巷房がある奥野ビルは、2019年末までヒマラヤ小学校の連絡事務所があった思い出深い場所。また5月に入り楽しみしていたイベントが全て中止になったこともあり、心浮き立つ思いで会場へと向かいました。


会場にはときたまさんの感性が爆発したスナップ写真とコトバが壁一面に飾られ、とても趣のある空間でした。写真にもコトバにもすっかり魅了され、何度も頷きながら拝見しました。

全紙サイズ写真もありましたが、すべてiPhoneで撮られたものと言うから驚きです。また写真の多くはハガキサイズでしたが見応え十分。子どもたちの写真展を開催するにあたり大いに参考になりました。何よりも「子どもたちの写真を撮りに行きたい」、そんな気持ちになったことがぼくの中で一番の収穫かもしれません。

■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月04日

タブロイド紙の誤報


resize0450

イギリスのタブロイド紙デイリーメールがネパールで新型コロナウイルスの新たな変異体が見つかったと報じましたが、WHOはこれを否定。現在、ネパールで猛威をふるっているのは既知の英国変異体とインド変異体とのことです。

普段、ネパールのニュースは主にネットラジオを聞いて入手しています。先日、BBCネパールでネパール変異体に関する報道を耳にしたときは、とんでもないことになった、とため息がこぼれましたが、誤報と知りほっとしました。ただ、ネパールで変異体が発生する可能性だってありますので、安心してばかりもいられません。

友人、知人の死の報せが入る度に胸が痛みます。同世代の友人も命を落としました。何かできたのではないか、そう考える度に虚無感に苛まれます。ロックダウンの延長も決まりました。なんとか収束を願うばかりです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年06月03日

東京・銀座ロータアクトクラブ創立50周年記念式典

resize0197

ヒマラヤ小学校を長年にわたり物心両面で支えてくださっている東京・銀座ロータアクトクラブの創立50周年記念式典に参加しました。といっても今回はネット配信での参加でした。

コロナが終息していれば、前回の40周年記念式典と同じように華やかな会場で現メンバーの皆さんと親交を深めたり、OBやOGの皆さんと旧交を温めたりできたと思うと少し残念ですが、大切な節目のイベントをあきらめずに実施されたことは大きな意義があると思います。皆さんの努力に心服します。

50周年という節目を迎えられ、60周年に向けた活動がスタートしました。ぜひ、これからもロータアクトクラブの皆さんとともに、学校そして子どもたちの活動を盛り上げていけたらと思います 。

東京・銀座ロータアクトクラブの皆さん、創立50周年、誠におめでとうございます!


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年05月26日

健康でいられることのありがたさ

resize0468

先日、がんの定期検診を受けました。昨年9月に術後5年が過ぎたことで担当の先生から嬉しい卒業宣言を受けましたが、念の為、年に一度の検査を継続することにしました。前回の検査からまだ1年過ぎていませんが、初回の手術日を起点としてもらい、5月が検査月となりました。

卒業宣言を受けたとはいえ、やはり検査は緊張します。また前回の検査から時間が空いた分、いつもより内視鏡の痛みを強く感じましたが、画像を入念に確認した先生の「異常なし」との言葉で、緊張と痛みから一気に解放されました。

こうして検査を受けると、健康の大切さとありがたさを強く感じます。ともすれば自分の健康を過信してしまいがちです。健康であることが決して当たり前とならないよう、ときどき立ち止まりながら1年後の検査に向け一歩ずつ進ん行けたらと思います。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年05月25日

チャレンジ


resize0052


久しぶりに小学校での講演が決まりました。災厄に見舞われているネパールの暗い話題がつづいていましたので、講演が決まり晴れやかな気持ちになりました。こちらの気持ちが沈んでいては何もすることはできません。こんなときこそ朗らかに生きることが大事だと改めて思います。

今後の感染状況によっては延期や中止もあるかもしれませんので、まずは無事実施できることを願うばかりです。

今回は2年生と5年生にそれぞれ話をする予定です。これまで全校児童を対象にした講演の際に2年生に聞いて貰ったことはありましたが、2年生単独というのはおそらく初めてです。2年生の子どもたちに何をどのように話せば伝わるのか、考えれば考えるほどわからなくなりますが、これも貴重なチャレンジです。人はチャレンジしなくなったときが老化の始まりですから、思いっきりぶつかって見ようと思います。いざ!!



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年05月24日

支援は心を救うもの


resize0534

「今、どんな支援が必要ですか?」

お世話になっている支援団体の方から問い合わせがありました。なんでもネパールの新型コロナウイルス禍について知った皆さんが、具体的な支援について話し合ってくださったそうで、ミーティングの最中に連絡をいただきました。

こうして大変なときにネパールやヒマラヤ小学校に心を寄せてくれる人がいる。この事実が私たちの気持ちを前へ向かせてくれます。支援は決して不足を満たすものではなく、心を救うものだと改めて思う今日この頃です。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年05月21日

地獄沙汰も


resize0991

ヤッギャ校長から報告を受け、子どもたちと教職員の安全を確認できました。ひとまず胸のつかえがとれましたが、共通の友人や知人、また子どもの身内の中に感染したり、酸素ボンベが買えずに治療途中で亡くなった人もいるようです。現在、インド、ネパールで猖獗を極めている変異体が決して対岸の家事ではないことを痛感します。

貧しい人々は漏屋でひしめき合って暮らしています。日雇い労働の現場ではマスクすらつけずに働くなど、感染リスクが非常に高い上に、罹ってしまった際には酸素ボンベを買うことが難しく、命を落としてしまうケースがあります。地獄の沙汰も金次第、そう思わざるを得ない現実にため息がこぼれます。保護者が命を落とせば、子どもたちは路頭に迷い、人身売買リスクも高まります。

学校として酸素ボンベを準備できないか、検討を始めました。とにかく今できることをひとつずつやるのみです!


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年05月16日

インドプレートが北上をつづける内に


resize0001


昨日、配信されたナショナルジオグラフィックの記事を興味深く読みました。


記事によるとインドプレートがこのまま何万年もかけて北上をつづける内に、今のネパールは押しつぶされて消滅するそうです。今も毎年5センチ動いていることを考えると、頷けます。

逆に何かをきっかけにインドプレートが南下して、ヒマラヤ山脈がアイロンをかけたように引き伸ばされることはないのでしょうか....。巨大国土ネパールの誕生なんてあったら、一体どうなるのでしょう。





■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink

2021年05月15日

門外不出の日記


resize0566

現在、カトマンズ首都圏3郡をはじめ、ネパール各地に外出禁止令を含めた厳しい行動規制が出されています。友人、知人に状況を確かめようにも、彼らも朝の買い出し以外は外に出ることが出来ず、今はニュースで流れる情報に頼っています。

外出禁止令といえば2001年の王族殺害事件や2005年の元国王による全権掌握クーデター、2008年の民主化運動など際に発令されました。2005年のクーデターのときは電話回線も含め通信網が遮断され、孤立状態になったことを鮮明に覚えています。

このように社会が混乱した状況の際、市民はどんな感じだったのか、どんなことを考えていたのか、という心の相続が大切だと、五木寛之さんの著書に書かれていたので、門外不出の日記を箱の奥底から取り出して確認してみましたが、残念ながら書いていたのは「玉ねぎ0.5kg購入」のようなことばかり。よほど玉ねぎが買えたことが嬉しかったのでしょう....。

使い物にならない日記は改めて門外不出に決めました。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移
転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。



hsf at 00:00|Permalink